資料請求・お問い合わせ

  • 消費税率変更のご案内
  • お急ぎの方はこちら
  • 事前のご相談はこちら
葬儀について
オプション
お布施の目安
埋葬費
ご存知ですか?
ご葬儀の後に
すること
  • 永代供養墓のご紹介
  • 長距離搬送費用のご案内
  • 生活保護葬について
  • 大型葬儀・社葬 承ります
  • 仏壇購入割引のご紹介、墓地・霊園のご紹介
  • お葬式のマナー
  • お客様の喜びの声
  • よくあるご質問
  • 求人のご案内

ローン・クレジットでのお支払いが可能!

対応エリア

  • 平安メモリアルは、関東全域(東京・神奈川県・千葉県・埼玉県)でご対応可能です。
  • 各地域別の見積り例はこちら
  • 平安メモリアルでは、東京・神奈川・千葉・埼玉でお客様のご要望に沿ったご葬儀を承っております。
    ・ご葬儀の費用
    ・ご葬儀の規模
    ・ご葬儀の場所
    ・ご葬儀の宗旨、宗派 など
    お客様のご希望通りのご葬儀を執り行うことをお約束いたします。
    ご葬儀についての不安・ご不明な点などがございましたら、お気軽に平安メモリアルの無料相談窓口をご利用ください。
    0120-24-4000

資料請求・お問い合わせ

生活保護葬について

平安メモリアルトップページ 生活保護受給者のご葬儀について

生活保護での葬儀について

平安メモリアルでは、生活保護受給者の方のご葬儀も承ります。
生活保護受給者の方は市区町村より葬祭扶助(葬祭費)で葬儀費用の受給ができますので
施主様は『自己負担無し』で、ご葬儀を執り行うことができます。
生活保護受給者の方のご葬儀費用を受給するために必要な
「役所との折衝・お手続き」も無料でお手伝いいたします。
【 ご案内 】
生活保護葬でのご葬儀は火葬式を施行するための費用としての受給となりますが、
一般的な通夜・葬儀をご希望の方も、ご相談ください。

  • 死亡診断書作成料
  • 搬送料
  • 葬儀用品(棺、骨壷、消耗品など)
  • 火葬料金
  • ドライアイス代

生活保護でのご葬儀流れ

01当社へご連絡下さい

生活保護の受給者の方が亡くなられた際は、弊社にご連絡ください。24時間体制でご対応いたします。
警察(検視・検案)にも対応いたしますので、ご安心ください。

02お迎え

お亡くなりになられた場所へ葬儀担当者が搬送専用車両でお伺いいたします。

03ご安置

ご希望の場所にご搬送・ご安置いたします。ご自宅へのご安置が難しい場合、ご安置施設をご紹介いたします。
※ご安置施設には、弊社安置室・火葬場併設の安置室・斎場の安置室などがございます。

04各方面へご連絡

ご葬儀のお打ち合わせを行います。

死亡届の記入
施設から受けたった「死亡診断書」の死亡届欄に記入します。
葬儀担当者が記入方法を説明いたします。
死亡届の提出
役所窓口へ死亡届の亭主とと火葬許可証の申請を行います。
葬儀担当者が申請いたします。
火葬場の予約
火葬場はご希望の火葬場がご利用いただけます。
※火葬場の都合により、ご希望の日程での火葬ができない場合もあります。
生活保護葬儀の申請
役所の窓口へ、生活保護葬儀の申請を行います。
役所への手続きは弊社で行います。

05お打合せ

火葬当日、お別れ花や副葬品などを棺に納めていただき、ご納棺・ご出棺となります。
ご安置場所が火葬場や安置施設の場合は火葬場でお別れをしていただきます。
※火葬場でお別れができない火葬場もございますので、ご注意ください。

06旅支度・ご納棺

お別れののち、火葬炉にお納めします。
火葬のお時間は、約1時間から1時間半となります。
火葬中は個室の控室でお待ちいただくか火葬場により喫茶スペースやロビー又は椅子席でお待ちいただきます。
市営の施設では軽食等のお持込も可能です。
火葬終了後、収骨室にお集まりいただき、ご収骨いたします。

07お通夜

ご収骨後、自宅にお骨をお持ち帰り頂き、墓地・霊園などへ納骨・埋葬します。
埋葬する期日に決まりはございませんが、火葬当日・四十九日・一周忌などに埋葬される方が一般的です。
市区町村で管理されている霊園や納骨堂がある自治体では、埋葬費用を抑える事ができます。
近年、永代供養墓や納骨堂、散骨をご希望される方が増えております。
弊社でもお手伝いさせていただいきますので、お気軽にご相談ください。

08葬儀・告別式

役所の窓口にて葬祭扶助・葬祭の申請手続きを行います。
手続きは、弊社にて行いますので、ご安心ください。
※申請内容により、役所手続きにご同席立いいただく場合もございます。
※役所への申請は、ご火葬前に行う場合もあります。

生活保護での葬儀のお手続きについて

  • 生活保護を受けている旨を弊社担当者にお伝えください
  • 民生委員やケースワーカー、又は市区町村の福祉事務所へ葬儀費用を受給するための相談をいたします。
その後の葬儀費用の受給申請手続きは
葬儀担当者が福祉課窓口で行います

葬儀(火葬)後では適応されない場合もありますので、必ず打ち合わせの時にお申し出下さい。

生活保護でのご葬儀についてよくあるご質問

生活保護を受給されていた方がお亡くなりになった場合、どのような葬儀を行えばよろしいですか?
生活保護の受給者の場合は「生活保護法」に基づき葬祭扶助を受ける事ができます。
生活保護の葬祭扶助で行うご葬儀は、『施設へのお迎え、安置、納棺、火葬、収骨』という流れで執り行います。
尚、宗教導師の費用は、葬祭扶助の範囲に入っておりません。
※生活保護のご葬儀は、生活保護受給者の全ての方が行えるとは限りませんので、事前に生活保護の担当者へ確認をしておきましょう。
葬儀費用は、どのくらい掛かりますか?
葬祭扶助で想定する範囲内でのご葬儀であれば、費用の追加は一切ありません。
ただし
1.「読経料、遺影写真、お別れ用のお花など」のご要望による追加項目の実費
2.(検視・検案など)警察対応などの実費等の場合、やむをえず差額の費用が発生する場合があります。
※事前に費用をお知らせいたしますので、ご安心ください。
生活保護葬の費用は、いつ支払えばいいですか?
弊社が執り行う生活保護葬では、役所から葬儀費用が支給されますので、お客様より葬儀費用をいただくことはありません。
葬祭費用(葬祭扶助)の請求につきましては、弊社が生活保護の窓口に手続きいたします。
尚、葬祭扶助範囲以外の追加項目がある場合は、ご火葬当日のお支払いとさせていただきます。
例(読経料、遺影写真、お別れ用のお花など)
生活保護の葬儀費用の申請は、どのように行えばいいですか?
役所・福祉事務所の窓口で手続きを行います。
葬祭扶助の申請・葬祭費用(葬祭扶助)の手続きは、全て弊社が無料で行います。
※生活保護費の残金などがある場合、葬祭扶助金が減額される可能性がありますのでご注意ください。
戒名はどうしたらいいですか?
葬祭扶助を利用されて執り行う葬儀では「病院へのお迎えから安置、申請、火葬、収骨」という『最も簡素な葬儀のために必要な費用』を受給することができます。
このため、生活保護葬では、式場を使用しての一般的なご葬儀は行えません。
※別途費用を負担されて読経をして頂く事や、戒名を付けることは可能です。
各種の法要や納骨先、戒名などをご検討ください。
弊社でも僧侶のお手配を承ります。
※事後に「余剰金額がある」とみなされられてしまう可能性がありますのでご注意ください。
生活保護葬の場合、香典はどうしたらいいですか?
(施主側)
生活保護でご葬儀でも、香典の収入は、所得としての認定をされる事はありません。
また、香典は申請や報告の義務がありません。
供養として頂きました香典は、故人の為や残されたご家族の生活の為にお使いください。
(会葬者)
生活保護葬でのご葬儀は、「質素なご葬儀」を行うための予算しかありません。
施主様は、お別れのお花や読経料等はご負担する場合があります。
通常の葬儀と変わることなく、故人の供養の為や葬儀後の生活に役立てていただけるように香典やお花代としてお渡しいただきたいと思います。