資料請求・お問い合わせ

  • 消費税率変更のご案内
  • お急ぎの方はこちら
  • 事前のご相談はこちら
葬儀について
オプション
お布施の目安
埋葬費
ご存知ですか?
ご葬儀の後に
すること
  • 永代供養墓のご紹介
  • 長距離搬送費用のご案内
  • 生活保護葬について
  • 大型葬儀・社葬 承ります
  • 仏壇購入割引のご紹介、墓地・霊園のご紹介
  • お葬式のマナー
  • お客様の喜びの声
  • よくあるご質問
  • 求人のご案内

ローン・クレジットでのお支払いが可能!

対応エリア

  • 平安メモリアルは、関東全域(東京・神奈川県・千葉県・埼玉県)でご対応可能です。
  • 各地域別の見積り例はこちら
  • 平安メモリアルでは、東京・神奈川・千葉・埼玉でお客様のご要望に沿ったご葬儀を承っております。
    ・ご葬儀の費用
    ・ご葬儀の規模
    ・ご葬儀の場所
    ・ご葬儀の宗旨、宗派 など
    お客様のご希望通りのご葬儀を執り行うことをお約束いたします。
    ご葬儀についての不安・ご不明な点などがございましたら、お気軽に平安メモリアルの無料相談窓口をご利用ください。
    0120-24-4000

資料請求・お問い合わせ

葬祭扶助の豆知識について

葬祭扶助の豆知識について


葬祭扶助とは



生活保護受給者の葬儀を執り行う場合には葬祭扶助というものが存在していますが、実際に葬祭扶助とは何かと疑問を持っている人たちも多いのではないでしょうか?今回は生活保護の人たちが葬儀をする際に知っておきたい情報について紹介していきます。まず、そもそも制度の概要についてですが、葬祭扶助とは葬儀社が行っている制度ではなく、国が定める法律によって存在している制度になります。故人本人が生活保護を受給しており遺族がいない場合や、遺族が困窮のため葬儀を執り行えない状況だと判断された場合、国が葬儀の費用を負担してくれるという制度です。制度を受けるためにはある程度の条件があり、それに当てはまらない場合は扶助を受けることができません。適応条件について詳しく説明をすると適応される範囲は検案、ご遺体の運搬、火葬又は埋葬、納骨その他葬祭のために必要なものの四つが存在しており、これらの範囲で条件が適応されます。

制度を受けるためには国に申請をする必要がありますが、どのように申請をしたらいいのか分からないという方もいるかと思いますので、申請についても紹介していきます。まず、申請をする際には申請書類に必要になる情報を記入する必要があります。記入するものとしては申請者の氏名と住所、死者についての氏名や生年月日、死亡年月日などの必要事項を記入する必要があります。その他にも葬祭に必要になる費用についても記入するようにしましょう。注意しておきたいポイントとしては、申請書類の記入は基本的に葬儀を執り行う本人が行うようにしましょう。しかし、健康上などの理由で記入することができない場合は代理人に依頼することも可能です。

また、申請場所についてですが、どの場所でも認められるというわけではありません。基本的に申請をする場所は申請者の住民票がある自治体の福祉事務所への申請をするようにしましょう。申請する際に困らないためにもどこに出したらいいのかということも事前に調べておくとスムーズに申請することができます。このように、今回は葬祭扶助の基本的な知識について紹介をしましたが、生活保護を受給している人たちは葬祭扶助があるということも知っておくと費用面での負担を減らすことができます。



葬祭扶助を利用する際の注意点について



葬祭扶助を受ける場合には事前に確認しておきたいことや注意すべきこともたくさん存在しています。葬祭扶助について考えている方の中に今回はその中の一部分ですが大切なことについて紹介していきます。

まず、給付金についてですが、どこの自治体でも同じ給付金がもらえるわけではないということを知っておくようにしましょう。例えばどのくらい支給されるのかということを調べて申請をしたら思っていた以上に支給額が低かったという経験をした人たちもたくさんいます。その為、支給額について調べたい場合はでき限り住民票の登録をしている自治体に問い合わせたほうが支給額を詳しく聞くことができます。

また、故人の後片付けにかかる費用もそれぞれの自治体によって異なります。例えば身寄りのない方が亡くなって故人の後片付けをするとなるとある程度費用が必要になってきます。葬祭扶助ではこれらの費用も受け取れると思っている方がいますが、必ずしも支給されるとは限りません。自治体によって異なるので、事前に確認をしておくと安心です。

このように、葬祭扶助を受ける際に知っておくと便利な情報は非常に多くなっています。費用面の負担が大きくなってしまう可能性もあるため、後悔しないためにも予め調べておくようにしましょう。



葬儀社では生活保護葬をどのように執り行うのか



これから葬儀を執り行おうと思っている人たちは事前に葬儀の流れについて知っておきたいと思っている人たちも多いのではないでしょうか?今回は当日焦らないためにも葬儀の流れについて紹介していきます。

まず、葬儀を執り行う前には生活保護葬に対応している葬儀社に連絡をして相談するようにしましょう。連絡をした後は故人を迎えに来てくれるので、連絡をする際には病院の場所などを伝えるようにしましょう。その後、希望の場所に搬送、ご安置をしてくれます。中には自宅では難しい人もいますが、要望を伝えればご安置施設を紹介してくれるので、希望に合った場所を用意してくれます。

その後は葬儀の打ち合わせをすることになります。葬祭扶助を受けたいと思っている場合にはこの時点で申請をしないと認められない可能性が高いので、自治体の窓口で生活保護葬儀の申請を行います。葬儀社の中には無料で代理申請を行ってくれる場合がありますので、こういったところを選んでおけばスムーズに手続きを終えることができます。申請後葬儀を行うこととなり、葬儀後自治体に申請を行い受給となります。葬儀社によってはこの申請まで対応してくれるところもあるため、必要であればそうした葬儀社を選択すると良いでしょう。

大まかに説明をしましたが、ほとんどの葬儀社でこのような流れになっているため、生活保護葬儀を行いたいと思っている場合はこのように考えておくと良いでしょう。