資料請求・お問い合わせ

  • 消費税率変更のご案内
  • お急ぎの方はこちら
  • 事前のご相談はこちら
葬儀について
オプション
お布施の目安
埋葬費
ご存知ですか?
ご葬儀の後に
すること
  • 永代供養墓のご紹介
  • 長距離搬送費用のご案内
  • 生活保護葬について
  • 大型葬儀・社葬 承ります
  • 仏壇購入割引のご紹介、墓地・霊園のご紹介
  • お葬式のマナー
  • お客様の喜びの声
  • よくあるご質問
  • 求人のご案内

ローン・クレジットでのお支払いが可能!

対応エリア

  • 平安メモリアルは、関東全域(東京・神奈川県・千葉県・埼玉県)でご対応可能です。
  • 各地域別の見積り例はこちら
  • 平安メモリアルでは、東京・神奈川・千葉・埼玉でお客様のご要望に沿ったご葬儀を承っております。
    ・ご葬儀の費用
    ・ご葬儀の規模
    ・ご葬儀の場所
    ・ご葬儀の宗旨、宗派 など
    お客様のご希望通りのご葬儀を執り行うことをお約束いたします。
    ご葬儀についての不安・ご不明な点などがございましたら、お気軽に平安メモリアルの無料相談窓口をご利用ください。
    0120-24-4000

資料請求・お問い合わせ

葬式の豆知識や生活保護葬儀について

葬式の豆知識や生活保護葬儀について



生活保護葬儀の豆知識



生活保護を受給している方の葬儀の準備や、ご自身が受給をしている方の葬儀の施主となった場合には、葬儀の費用を用意できるか不安に思っている方も多いはずです。実は葬儀を執り行う際には葬祭扶助制度というものがあります。葬祭扶助制度とはどういうものなのかということですが、簡単に説明をすると自治体から葬儀に必要な費用が支給される制度のことを言います。葬祭扶助制度を利用するには誰しもが利用できるとは限らず、決められた状況を満たしており、葬式の前にしっかりと申請を行っている事で扶助制度の対象者になります。

今回は、これから生活保護葬儀を執り行おうと思っている人のために豆知識についてを紹介します。

まず、制度の条件についてはあらかじめ決められています。どちらかを満たしていれば問題ありませんが、1つ目は葬儀を執り行う扶養義務者が生活保護受給者で生活に困窮している場合に関しては条件が満たされるので葬祭扶助制度を受けることができます。

また、2つ目は故人が生活保護受給者で遺族の方が葬儀の手配をする場合にも扶助制度が認められます。

このように、2つの条件に当てはまる人は制度の利用が可能なので、あらかじめ申請をするようにしましょう。

次に葬儀を執り行う際に行える範囲について紹介をしますが、そもそも葬儀の種類も様々で一般葬、火葬、一日葬、家族葬など大きく分けると4つあるのです。これらのプランによっては料金が異なることがあるので、支給された金額で全ての葬式を執り行えるというわけではありませんが、金額内で行える葬儀としては火葬や一日葬、家族葬などは比較的料金も安く済ませることができるので、最低限の決められた範囲内なら自己負担額なしで葬儀を執り行うことができます。

生活保護の葬儀について紹介をしましたが、条件を満たしていれば国からの制度を受けることができるので、予め葬儀の知識を知っておくと良いでしょう。



生活保護受給者が葬儀を行う上で注意をしたいこと



生活保護を受けている人たちは葬儀を執り行う際には国から費用を支給してもらうことができますが、通常の葬儀と比べ、生活保護葬儀は事前に申請をしなければならない項目が多いということを頭に入れておくようにしましょう。

今回は葬祭扶助の申請をするうえで注意をしておきたいことについてを紹介します。

まず、申請をする際に葬儀後に申告しても問題ないと思っている人がいますが、国からの支給を受けられるのは事前に申請した人のみになるので、いつでも申請が可能と言うわけではありません。葬儀を執り行った後に申請をしてしまうと支払能力があると判断されてしまう可能性が高いので、支給を受けられなくなります。申請をする際には前もって申告をすると後悔することはなくなります。

また、住民票の管轄が異なる場合はそれぞれの条件を確認しましょう。例えば申告者と故人の住民票の管轄が異なる場合には原則として申請者の住民票がある自治体で申請をするのが基本です。

しかし、支給される金額は自治体によって異なることもあるので、比べてみて故人の住民票がある地域の方が条件が良いと思った場合には一度相談をすると対応してくれる可能性もあるかもしれません。

このように、葬祭扶助制度を受けるにあたって注意しておきたいポイントは大きく分けると2つあります。その中でも前もって申請することは一番重要なので、しっかりと制度を受けるためにも決められた申請方法で行うようにしましょう。



生活保護葬儀を執り行ってくれる葬儀社の選び方



生活保護葬儀を執り行う際には申請も大切ですが、葬儀社も探さなくてはなりません。葬式を執り行っているところはたくさんあります。この中から探すのも一苦労ですが、後悔しないためには葬儀社の選び方も大切です。

そこで今回はこれから葬式を執り行う人のために失敗しない葬儀社の選び方について紹介します。大切なのは緊急時に対応してくれるかどうかです。例えば事前に相談をしていなかったという場合でも、対応してくれる葬儀社もあるので、万が一急に探さなくてはいけなくなった場合には緊急時の対応が可能な葬儀社を選ぶようにしましょう。

また、事前に相談しておきたいと思っている場合にも対応してくれる葬儀社があります。このような業者であれば、事前に相談をすることによって万が一の時に焦らなくても良くなります。いざという時に慌てたくないと思っている場合には、事前相談が可能な葬儀社を選ぶようにしましょう。

その他にも資料請求や葬式のお問い合わせをできるところは葬儀場の内容も理解できますし、葬儀についての知識も教えてくれます。プランについてもじっくりと考えたいと思っている方は、資料請求や電話などで問い合わせが可能な葬儀社を選択すると良いでしょう。前もって準備をしておくことで、後悔することは少なくなります。お葬式のことで心配なことがある方は、しっかりと準備や確認をし、そうなった時に慌てずに対応できるようにしておきましょう。