資料請求・お問い合わせ

  • 消費税率変更のご案内
  • お急ぎの方はこちら
  • 事前のご相談はこちら
葬儀について
オプション
お布施の目安
埋葬費
ご存知ですか?
ご葬儀の後に
すること
  • 永代供養墓のご紹介
  • 長距離搬送費用のご案内
  • 生活保護葬について
  • 大型葬儀・社葬 承ります
  • 仏壇購入割引のご紹介、墓地・霊園のご紹介
  • お葬式のマナー
  • お客様の喜びの声
  • よくあるご質問
  • 求人のご案内

ローン・クレジットでのお支払いが可能!

対応エリア

  • 平安メモリアルは、関東全域(東京・神奈川県・千葉県・埼玉県)でご対応可能です。
  • 各地域別の見積り例はこちら
  • 平安メモリアルでは、東京・神奈川・千葉・埼玉でお客様のご要望に沿ったご葬儀を承っております。
    ・ご葬儀の費用
    ・ご葬儀の規模
    ・ご葬儀の場所
    ・ご葬儀の宗旨、宗派 など
    お客様のご希望通りのご葬儀を執り行うことをお約束いたします。
    ご葬儀についての不安・ご不明な点などがございましたら、お気軽に平安メモリアルの無料相談窓口をご利用ください。
    0120-24-4000

資料請求・お問い合わせ

葬儀の種類と町田市の市民葬

葬儀の種類と町田市の市民葬

葬儀のかたち


家族や大切な人に不幸があった時、「死」という現実と向き合い、事実を受け入れる為に必要な葬儀ですが、最近では自分に合った式をしてほしい、故人らしい式をしてあげたいと思い、葬儀のかたちも様々になってきているようです。喪主や遺族の方達が故人の死をどう受け止め、どのような想いを抱き、故人の人柄や人生にどうやって敬意を表するかにより、お別れのかたちもそれぞれ違ってくるのでしょう。遺族や親族だけでなく故人を知る人達と共に見送るかたち、遺族や身内だけで見送るかたち、簡素、簡略にお別れするかたち、故人にちなんだお別れをするかたちと、大きく分けると4種類のかたちに分かれるようです。

葬儀の種類


故人を知る人達と共に見送るかたちとして、まず一般葬があります。遺族や親族以外の親しい人や職場の関係者など、会葬者を特定せず、故人と親交のあった人に広くお知らせして参列していただきます。そして社葬・合同葬があります。社葬は法人が施主となり企業によって営まれる式になります。合同葬は故人の喪家と法人が合同になって行う式になりますので、いずれも会葬者の多い大規模な式になる事が多いようです。遺族や身内だけで見送るかたちには、家族葬と密葬があります。家族葬は本来は家族のみで行うという意味になりますが、最近は親戚やごく親しかった方なども加えて会葬者が20?30名という小規模・少人数で行う式になっているようです。親しい人だけで故人とのお別れに重点を置いた内容となり、ゆっくり故人を偲び、お別れをします。核家族化や全体的な高齢化が進んでいる事から、首都圏の葬儀では約6割を占めるようになってきました。密葬とは、一般の方を呼ばず身内だけで行う式のことです。本来は社葬を行う場合や年末年始に亡くなられた場合にひとまず近親者のみでお別れをして火葬を済ませることを言っていましたが、最近では本葬を行わず密葬だけで済まされるケースも増えてきているようです。簡素、簡略にお別れするかたちには一日葬と直葬儀があります。通常は通夜の法要をした翌日に告別式を行いますが、一日葬では通夜法要なしで一日で火葬まで済ませる形式になります。この場合通夜法要がありませんので、告別式前夜の弔問・会葬者もなく、身内の方のみで故人とゆっくりお別れすることができる事から、最近では家族葬と共に希望する方が増えているようです。直葬とは通夜も告別式も行わず、直接火葬場へ行き火葬・拾骨して終える方法です。直葬は基本的に立ちあえるのは身内のみとなりますので、お別れをしたかった親族や知人に直葬にするということについて理解してもらう事が必要になるでしょう。故人にちなんだお別れをするかたちには音楽葬やお別れ会、信仰に基づく宗教葬などがあります。音楽葬は故人が好きだった音楽を中心にして式を構成し、生演奏やCDを流しながらお別れするスタイルです。伝統的な形式にとらわれない音楽葬は希望する人が多くなっているようです。お別れ会は家族や近親者だけで火葬まで済ませ、後日改めて故人や遺族と親交のある人達などを広く招いてお別れする会で、「偲ぶ会」や「送る会」と名称は様々です。著名人や芸能人に不幸があった時にお別れ会はよく行われていますが、最近では一般の方も行う方が増えてきているようです。現代ではお葬式はプライベート化する傾向が強まっていて、全般的に小規模化してきています。直葬や家族葬が増えてきている事から、とりあえず身内だけでゆっくりお別れして、お別れの場を後日改めて設けるといったスタイルのお別れ会が一般化してきているようです。宗教葬は、生前故人が信仰していた宗教があれば、その宗教のしきたりに従い行われます。日本では9割程が仏式ですが、キリスト教式だとお焼香の代わりに献花を行うようです。神式は日本に古くからある式になり、通夜祭・葬場祭と呼ばれています。葬祭を司るのは斎主と呼ばれる神職で、僧侶の読経にかわる祈りが祭詞の朗読になります。お焼香の代わりには手水の儀を行います。この他にも生前葬や自然葬が少しずつ増えてきているようです。

町田市民葬


葬儀の方法の中に市民葬というものがあります。市民葬とは各自治体と葬儀社が提携して行っています。どこの自治体でも行っているわけではありませんが、費用が安くなることが主なメリットになります。公営の式場や公民館などの公共施設を利用する事になります。市民葬を利用できるのは、自治体に暮らしている人が亡くなった場合か自治体に暮らしている人が喪主をする場合のどちらかに当てはまる人が対象となります。東京都町田市でも市民葬を行う事ができるようです。町田市内にある6箇所の葬祭場が利用可能で、宗教や葬儀の種類も規定がありませんので、家族葬から一般葬まで幅広く対応する事ができるようです。町田市では市役所で祭壇等の貸し出しも行っています。