資料請求・お問い合わせ

  • 消費税率変更のご案内
  • お急ぎの方はこちら
  • 事前のご相談はこちら
葬儀について
オプション
お布施の目安
埋葬費
ご存知ですか?
ご葬儀の後に
すること
  • 永代供養墓のご紹介
  • 長距離搬送費用のご案内
  • 生活保護葬について
  • 大型葬儀・社葬 承ります
  • 仏壇購入割引のご紹介、墓地・霊園のご紹介
  • お葬式のマナー
  • お客様の喜びの声
  • よくあるご質問
  • 求人のご案内

ローン・クレジットでのお支払いが可能!

対応エリア

  • 平安メモリアルは、関東全域(東京・神奈川県・千葉県・埼玉県)でご対応可能です。
  • 各地域別の見積り例はこちら
  • 平安メモリアルでは、東京・神奈川・千葉・埼玉でお客様のご要望に沿ったご葬儀を承っております。
    ・ご葬儀の費用
    ・ご葬儀の規模
    ・ご葬儀の場所
    ・ご葬儀の宗旨、宗派 など
    お客様のご希望通りのご葬儀を執り行うことをお約束いたします。
    ご葬儀についての不安・ご不明な点などがございましたら、お気軽に平安メモリアルの無料相談窓口をご利用ください。
    0120-24-4000

資料請求・お問い合わせ

葬儀のマナーや町田の魅力について

葬儀のマナーや町田の魅力について



葬儀のマナーについて



葬儀に参列をするという場合、特に初めて参列をする方に関してはマナーについては細心の注意をしなくてはなりません。様々なマナーがありますので、今回は葬儀に参列をする際の常識についていくつかご紹介していきます。

まず、一つ目は服装です。基本的に参列をする場合には案内の内容によって異なりますが、中には平服でと書かれている場合もあります。ここで気をつけておきたいポイントは平服と書かれていた時にカジュアルすぎない服装にするということです。平服と書いてあれば何を着ていっても良いというわけではありません。やはり平服の場合だったとしてもしっかりとスーツを着る必要があります。なるべく地味な服装を心掛け、男性の場合はネクタイと靴下などはできる限り黒色を着用するようにしましょう。今回説明したのは平服と書かれている場合となり、通常の通夜や告別式に関しては礼服を着用するのがマナーとなっています。案内に何も書かれていない場合には礼服を着用するようにしましょう。女性も男性も基本的にはブラックスーツやワンピースを着用するのが基本となっています。また、子供が参列する場合ですが、学校の制服があるという場合には制服を着用するのが良いと言われています。制服ではないという時にはできる限り地味な黒色の服装を心掛けるようにしましょう。その他にもブラックスーツを着用する際ですが、できる限り光沢のあるものは避けた方が良いと言われています。靴に関しても輝きのあるものはできる限り避けるようにしましょう。

2つ目のポイントはお悔やみの言葉になります。お悔みの言葉は遺族の気持ちを察することが大切となり、励ましの言葉をかけるようにしましょう。ここでの注意点としてはやはり長話はできる限り避けるということです。遺族との関係が近い距離であったとしても、参列をする際にはできる限り長話を避けることがマナーとなっています。また、忌み言葉についても避けた方が良いと言われておりますので、あらかじめ忌み言葉についてはしっかりと調べておき、注意をするようにしましょう。このように、今回は二つのポイントの説明となりましたが、注意した方が良いポイントは様々となっています。それぞれの葬儀によってマナーも変わってきますので、状況判断をしっかりとして、マナー違反とならないように気をつけましょう。



葬儀の持ち物に関して



葬儀を執り行うという場合には服装など様々なマナーに気をつけるという方もいますが、実際に気をつけなければならないのは服装だけではありません。必要な持ち物もありますので、当日に忘れることがないように事前に調べておくことが大切です。今回は持ち物についてご紹介していきます。

まず1つ目はハンカチになります。ハンカチを持っていくことはマナーとなっていますが、この時に気をつけたいポイントとしてはハンカチの色になります。服装の色などは気をつけるという方もいますが、ハンカチの色は見落としがちとなっています。マナーを守るためにもハンカチの色は何でも良いというわけではなく、派手な色は避ける必要があります。基本的には無地を用意するようにして、用意できないという場合には地味目な色を用意するようにしましょう。

2つ目は数珠になりますが、葬儀に数珠を持っていくという方も多くなっています。しかし、宗派によっては持っていく必要がない場合もあるため、必ず必要になるというものではありません。例えば、仏教徒でない場合には持つ必要がないとされています。最近では持つことがマナーと思っている人も多く、作法として用意をする人が多くなってます。数珠を持っていくかどうかは、葬儀の宗派を確認してから判断しましょう。

3つ目の持ち物は香典になります。お通夜だけに参列をするという場合には基本的に必要ないと言われていますが、葬儀に参列をする場合にはしっかりと香典も持参をするようにしましょう。基本的には不祝儀袋に入れ、袱紗に包むようにして渡すのが一般的となっています。

このように、最低限用意した方が良い持ち物はありますので、事前に確認しておくと良いでしょう。



町田について



町田は東京都の多摩地域南部にある市となっています。人口は約40万人ほどと言われており、年々増えています。

昔は夜も賑わう街となっており、昼夜問わず人気の街となっていました。その為、西の歌舞伎町とも呼ばれていた街となっています。

今では治安の良い街と言われており、昔に比べると穏やかな街となっています。このように、町田はのどかな街となっていますが、商業施設などもたくさん存在しています。比較的駅周辺は栄えている街となっています。今では落ち着いた雰囲気を見せている町田ですが、町田には様々な葬儀場が存在しています。例えば、駅から近い場所にある葬儀場もありますし、駅から離れている場所にも存在しています。葬儀の種類も一般葬、家族葬、一日葬などと豊富に取り揃えられています。