資料請求・お問い合わせ

  • 消費税率変更のご案内
  • お急ぎの方はこちら
  • 事前のご相談はこちら
葬儀について
オプション
お布施の目安
埋葬費
ご存知ですか?
ご葬儀の後に
すること
  • 永代供養墓のご紹介
  • 長距離搬送費用のご案内
  • 生活保護葬について
  • 大型葬儀・社葬 承ります
  • 仏壇購入割引のご紹介、墓地・霊園のご紹介
  • お葬式のマナー
  • お客様の喜びの声
  • よくあるご質問
  • 求人のご案内

ローン・クレジットでのお支払いが可能!

対応エリア

  • 平安メモリアルは、関東全域(東京・神奈川県・千葉県・埼玉県)でご対応可能です。
  • 各地域別の見積り例はこちら
  • 平安メモリアルでは、東京・神奈川・千葉・埼玉でお客様のご要望に沿ったご葬儀を承っております。
    ・ご葬儀の費用
    ・ご葬儀の規模
    ・ご葬儀の場所
    ・ご葬儀の宗旨、宗派 など
    お客様のご希望通りのご葬儀を執り行うことをお約束いたします。
    ご葬儀についての不安・ご不明な点などがございましたら、お気軽に平安メモリアルの無料相談窓口をご利用ください。
    0120-24-4000

資料請求・お問い合わせ

相模原市でもある葬儀の内容と形の違い

相模原市でもある葬儀の内容と形の違い



本来別のものである葬儀と告別式


日本人の感覚で葬式と呼ぶ場合、どんなものを想像するでしょうか。人間の一生の中で、最後に行われる儀礼になります。ですが、言葉の違いを理解している人は、東京はおろか相模原市などでも少数です。一般的に葬式といった場合には、葬儀と告別式を合わせて呼んでいます。併せてしまったがためにひとつのものとして考えてしまうからこそ、二つの違いを答えることができないのです。
違いは何かといえば、葬儀は宗教的な儀礼だということでしょう。もっとも多い仏式で考える場合、故人が成仏するために経を唱えてもらいます。近親者だけで営まれるのは、故人を弔いながらこれから生活をしていくからです。そのため、近親者のみで行われたという言葉をテレビでは使いますが、至って当然のことで、知っている人から見れば不自然な使い方にもなっています。

告別式は、故人とのお別れの式です。交流があった人々が参列して、最後のお別れの機会になるのが告別式になります。もともとは葬儀と別のものだったのが、儀式として一回で行われるようになり、だんだんと一体化していったのです。結果として、区別がつかなくなって行きました。仏式の場合、お坊さんが教えてくれる場合もありますが、ほとんどの人は気がつかずに過ごしてしまうことでしょう。現在の日本では、こうした区別があまり意味を成してきていないという部分もあるのです。
正確に区別をするのであれば、親族の焼香までが葬儀と考えることができます。これ以降は、知人友人などのご焼香となって行くのですから、告別式と区別することもできるのです。こうして明確に分けることは珍しくなりましたが、それでも知っておくと故人を送り出してあげるときに違いがあることがわかるようになります。

社葬と個人葬の違い


企業の数も多い相模原市では、主催者によっても葬儀の形が変化することも知らなければいけません。もちろん、宗教・宗派でも違いがあり変化はしますが、個人か団体かということで大きく異なることが重要になるのです。
個人で行う形とは別に、企業として執り行う社葬がその一つといえるでしょう。個人と区別するために、所属している団体として行うことを団体葬と呼びますので、この辺りも違いがある点に気を付けなければなりません。

社葬を考える場合、企業の創設者や多大なる貢献を果たした人が対象となって行きます。重責を担ってきた人のために、企業が主催する形と考えるといいでしょう。個人葬に対して使われますが、規模がまったく異なりますので、参列する場合にも注意が必要です。
社葬の場合、会葬者の数も多くなる可能性が出てきます。そのため、何よりも準備ということが必要なのです。個人葬ののちに、本葬として社葬を行うことがあるのも、準備に掛ける時間が問題だからといえるでしょう。個人葬は密葬として行われるのも、そのあとの社葬が大々的なものになるからということもあるのです。

社葬の場合には、ただ故人を哀悼するというだけではありません。故人の業績を世間に公表する意味もありますし、これからの企業の体制をはっきりさせるということもあるのです。もちろん、盤石なものであり、無用な心配はいらないという表明であることもあります。規模が巨大になりやすいのも、こうした意味合いが強いからなのです。参列する場合にも、意味を考え理解しておくことが重要です。

密葬と家族葬の違いは


最近では、密葬や家族葬ということが増えました。似た意味で使われることもあります。ですが、この二つはまったく別のもので、間違ってしまってはいけないものであることに注意が必要です。字や言葉の意味だけを見れば、どちらもひっそりと行う葬式ではありますが、相模原市でも参列する場合に意味を知らなければ、大変なことになる場合もあります。

密葬とは、本葬と対になる言葉です。ここがとても重要になってきます。ひっそりという意味の密葬ではありません。後日一般の参列者を招く本葬を行うため、家族など近親者だけでひっそり行うのが密葬となるのです。故人が有名人の場合や、社葬といった本葬を行う予定があるときに行われる方法ですので、無理に押しかけてしまったりすれば迷惑となるでしょう。後日本葬があるのですから、何も礼儀に欠けるとみなされる行動をする必要はないのです。

家族葬は、単独で行われる葬儀で密葬のような本葬はありません。厳密な定義ではありませんが、家族や親しかった友人だけで行う少数の形を指すときに使われます。どこまで知らせるのかということが問題になりやすい方法で、知らせなかった人の対応を考えておかなければなりません。知らせる範囲は広げ、弔問や供花、香典は辞退するという形にするのも一つの方法となります。逆に家族葬を知っている場合、故人の意向を尊重することが大切です。無理に押しかけたりすれば、迷惑をかけることになるでしょう。
こうした違いは、マスコミなどでも混同して伝えてしまっています。社会人としても、良く理解しておくことが必要なのです。