資料請求・お問い合わせ

  • 消費税率変更のご案内
  • お急ぎの方はこちら
  • 事前のご相談はこちら
葬儀について
オプション
お布施の目安
埋葬費
ご存知ですか?
ご葬儀の後に
すること
  • 永代供養墓のご紹介
  • 長距離搬送費用のご案内
  • 生活保護葬について
  • 大型葬儀・社葬 承ります
  • 仏壇購入割引のご紹介、墓地・霊園のご紹介
  • お葬式のマナー
  • お客様の喜びの声
  • よくあるご質問
  • 求人のご案内

ローン・クレジットでのお支払いが可能!

対応エリア

  • 平安メモリアルは、関東全域(東京・神奈川県・千葉県・埼玉県)でご対応可能です。
  • 各地域別の見積り例はこちら
  • 平安メモリアルでは、東京・神奈川・千葉・埼玉でお客様のご要望に沿ったご葬儀を承っております。
    ・ご葬儀の費用
    ・ご葬儀の規模
    ・ご葬儀の場所
    ・ご葬儀の宗旨、宗派 など
    お客様のご希望通りのご葬儀を執り行うことをお約束いたします。
    ご葬儀についての不安・ご不明な点などがございましたら、お気軽に平安メモリアルの無料相談窓口をご利用ください。
    0120-24-4000

資料請求・お問い合わせ

相模原で行う家族葬、葬儀の手順について

相模原で行う家族葬、葬儀の手順について



相模原で家族葬を行う



葬儀にはさまざまな形式があり、生前の故人の意思や家族の状況に合わせて葬儀の形を選ぶことができます。一般的に葬儀というと故人の親族をはじめとして、学校、会社、交友のあった方々などさまざまな方が参列に訪れますが、家族葬の形式では、故人との縁がもっとも深い方々に限定して葬儀を行います。家族葬は葬儀の規模を小さくすることができるため、故人との別れをしのぶ時間を落ち着いて過ごすことができるため好まれており、葬儀費用の負担も軽減することが可能です。

相模原市で葬儀を行いたいと考えた場合、大切な方との最後の時間をあたたかく迎えることができる葬儀社があります。急なご逝去にも対応が可能なため、安心して家族葬を執り行うことができます。また、生前からの意思をくみ取り、万が一のことを考えて事前に相模原市での葬儀の相談を行うこともできるため、いざ亡くなった際に慌てずに故人との別れの時間を過ごすことが可能なのです。

地域によって葬儀にかかる費用が異なるため、事前に相模原市での葬儀費用の見積もりをしておくことも考えておかなければなりません。あらかじめ備えておくことで最期のお別れに気持ちを集中させやすくなるでしょう。また、急なご逝去でも丁寧な対応であるために安心して葬儀社へ依頼を行うことができます。ご家族の気持ちに寄り添う形で亡くなられた方との大切な時間を過ごせるような取り組みが行われているのです。家族葬を行いたい場合、一連の流れがプランの中に入っていますが、状況や要望によって必要となる費用があります。

まずは、亡くなられた直後から葬儀が行われるまでにご遺体を安置する必要があります。家族葬と通常の葬儀では費用が異なりますが、亡くなられた方を病院まで寝台車がお迎えするのは同じです。



葬儀社の利用で落ち着いて故人をしのぶ



亡くなった方を寝台車でお迎えにあがるのは、24時間迅速な対応が可能なため、深夜でもご遺体を希望の安置先まで搬送することができます。ご遺体の安置先としてはご自宅が一般的ですが、難しい場合は葬儀社が保有している安置施設を利用することが可能です。ご遺体の安置の際には枕飾りと焼香具についても葬儀社の方で用意を行ってくれるためにご家族の方が準備をする必要はありません。

ご遺体の安置が完了した後、葬儀に関する打ち合わせが行われます。打ち合わせによって内容や日程について、納得のいくものが得られます。この時に葬儀の形式についても選択をしなければならないため、家族葬を希望される場合は、その旨を担当者に伝えましょう。また、亡くなられた故人の死亡届や火葬に必要な許可手続きが必要となりますが、この点についても葬儀社が行ってくれます。

そこから旅支度があり、納棺となります。希望すれば葬儀社側で湯灌も行われ、宗旨に沿った形での納棺を行います。この際、故人が生前愛用していた品も準備し一緒に納棺をします。

その後、通夜が行われることとなりますが、安置所から通夜の会場へも迎えの車がご遺体を搬送するため、通夜に参加する親族へは通夜がはじまる一時間ほど前に会場へ集まってもらうように伝えておきましょう。通夜では読経と焼香があり、参列された方と故人を供養するための食事が行われます。通夜の晩は式場に宿泊し一晩ご遺体をお守りすることがありますが、その式場によってはできないこともあるため、この点については事前に担当者へ確認をしておく必要があります。



葬儀後のアフターサービスも万全



葬儀は通夜があけたのち同じ会場で執り行われます。葬儀の際も読経が行われ焼香をします。告別式ではご遺体が収められている棺に供養のお花や故人が生前に愛用していた品を納めていきます。通常の葬儀の場合は、参列した多くの人の前で喪主による挨拶をし出棺への運びとなります。家族葬の場合はごくわずかな人を招いての葬儀となるため、葬儀の際の挨拶を割愛する場合も多くあるため、迷う場合も葬儀担当者へ相談しましょう。

出棺後、火葬が行われますが、火葬にかかる時間はおよそ1時間です。その待ち時間の間に休憩室で茶菓・食事の用意を行うこともできるため、故人をゆっくりとしのぶことができます。葬儀社では収骨の際に必要な容器も準備されており、その容器に納骨を行います。ご帰骨の際には骨を安置する後飾り祭壇があり、自宅で線香をあげることができます。

葬儀社では葬儀後のアフターサービスが万全なところもあります。四十九日の法要は必要なものですが、内容についてよくわからない場合も葬儀社から説明を受けることができます。その際、香典へのお返しについても状況にあったものを選ぶことができます。

葬儀社では墓地が決まっていない方にたいしてご遺族の方の状況に配慮した墓地の案内も行っています。納骨方法の種類もあるために、都合や思いにそった方法を選択することができます。また、墓地が決定するまでの間の遺骨の安置が難しい場合、遺骨を預かってもらうこともできるため、納得のいく墓地の準備にとりかかることができます。そして葬儀後に必要な手続きについても専門家がいるため、安心して相談をすることが可能です。