資料請求・お問い合わせ

  • 消費税率変更のご案内
  • お急ぎの方はこちら
  • 事前のご相談はこちら
葬儀について
オプション
お布施の目安
埋葬費
ご存知ですか?
ご葬儀の後に
すること
  • 永代供養墓のご紹介
  • 長距離搬送費用のご案内
  • 生活保護葬について
  • 大型葬儀・社葬 承ります
  • 仏壇購入割引のご紹介、墓地・霊園のご紹介
  • お葬式のマナー
  • お客様の喜びの声
  • よくあるご質問
  • 求人のご案内

ローン・クレジットでのお支払いが可能!

対応エリア

  • 平安メモリアルは、関東全域(東京・神奈川県・千葉県・埼玉県)でご対応可能です。
  • 各地域別の見積り例はこちら
  • 平安メモリアルでは、東京・神奈川・千葉・埼玉でお客様のご要望に沿ったご葬儀を承っております。
    ・ご葬儀の費用
    ・ご葬儀の規模
    ・ご葬儀の場所
    ・ご葬儀の宗旨、宗派 など
    お客様のご希望通りのご葬儀を執り行うことをお約束いたします。
    ご葬儀についての不安・ご不明な点などがございましたら、お気軽に平安メモリアルの無料相談窓口をご利用ください。
    0120-24-4000

資料請求・お問い合わせ

相模原でも気を付けるべき、一般的な形とは異なる葬儀

相模原でも気を付けるべき、一般的な形とは異なる葬儀



ご理解をいただくことが重要な直葬


最近では相模原市でも無宗教を貫く人が多くなりました。その結果、葬儀の形も多様になってきているのです。中、通夜や葬儀、告別式など儀礼を行わない直葬という形が出てきています。儀礼をおこなわないといっても、火葬するだけのものではないこともありますので、考えている人も参列する人も注意が必要となります。

直葬を行いたいという理由は、無宗教ということを含め様々です。年末年始が絡んだがゆえに、葬儀を行わない場合もあります。故郷では場所の確保ができないため、直葬にして後日改めて行う場合もあるのです。
密葬として直葬にする場合もありますし、もちろん故人の遺志で余計な費用を掛けないための直葬もあります。様々な理由が存在するため、費用だけで行われるわけではないという点に注意しなければなりません。

直葬の場合、時間を短縮することができます。当然のことですが、参列する人に対して、余計な気遣いをさせずに済みますし、故人の姿を見せずに見送りたいといった葬儀の場合もそうすることができるのです。このように負担だけでなく、気持ちの面での負担も軽減することができることになるのです。
直葬といっても、いきなり火葬せず、菩提寺に枕経をお願いすることもあります。儀式的なことはなくしても、死装束はということもあるでしょう。
執り行う側としては、お別れの場として時間もほとんどありませんので、関係者には重々ご理解していただくということも必要となります。心に区切りをつけるという意味もありますので、あとから問題のないように配慮するのも直葬にとって大事なことです。

一緒におこなう合同葬


一般的に、企業が行う場合を社葬と呼びます。相模原のように企業が多い土地では見かけることのある形式です。この場合、家族で行う密葬と社葬となる本葬を分ける必要が出てきます。身内や家族でのお別れをしてから、時期を見計らい企業が本葬を執り行うことになるのです。
この二つを分けることなく一緒にしてしまうのが合同葬になります。火葬するまでの流れが一つになっており、中には二つ以上の企業や団体が行う場合もあるのです。

合同葬の場合、密葬と本葬を分け行わないため、準備する時間をとることができません。あわただしい時間の中で執り行うことになるのです。運営側としては、個人的な関係者と取引先がすべて一緒になってしまうことになるため、個別にするのかを含め対応を考えておかなければいけないといえるでしょう。

費用に関してみると、合同葬は1度に済ますことができるため、社葬に比べるとかなり抑えることができます。企業と遺族のどちらが費用負担をするのかは、費用の性格から考えていく必要があるでしょう。話し合いの場を持つ必要がありますが、かなり軽減することができることは間違いありません。複数の企業や団体になるのであれば、お互いの役職や規模ということを考慮し、費用負担を考えることになるでしょう。
費用の面からも、中小企業の場合には、合同葬が主流です。どうしても時間が足りなくなることが危惧されるため、打ち合わせを密にしながら失敗しないようにして行かなければいけません。葬儀社などの中でも、手慣れたところを選ぶようにし、できるだけ負担を下げる配慮も必要となります。

元気なうちから事前に


葬儀というと、亡くなってからおこなうものという固定概念があります。身内や自分自身の死に向き合い、葬儀の事前相談をおすすめします。一昔前だと縁起が悪いとされてきましたが、ここ最近ではご納得する葬式をするためにもいざという時に慌てないために事前相談し、葬式の流れ・費用と準備を行えばご家族の負担も軽減されます。また葬儀社によっては24時間対応していただける窓口もありますので利用するのもいいでしょう。不安なことや、わからないことはすぐに教えていただけます。

あらかじめ抑えておくと安心なのが葬儀場・宗教・安置先・費用・遺影用の写真・葬式に来ていただきたい方のリスト等です。葬儀場は実際どんな場所で行うのかというイメージがしやすいです。宗教もいざという時にすぐにわかると間違えずに済むので安心です。安置先も自宅がいいのか斎場なのか寺院なのか等、自分の希望に応じることができます。費用も決して安いわけではありませんので事前にご家族とご検討するのもおすすめです。遺影用の写真は元気なうちに自分が納得する写真を用意する方もいらっしゃいます。プロのカメラマンの方に撮影していただき自分が元気なうちに自分らしい1枚を残すという方も増えてきています。また葬式に来ていただきたい方のリストはいざという時にお声がかけられなかったということにならないように事前にリストにしておき、いつでも連絡できる状態にしておきましょう。後悔しない葬式にするためにも元気なうちに自分の、または身内の最後を限られた時間の中で最高な形で送られるようにしましょう。