資料請求・お問い合わせ

  • 消費税率変更のご案内
  • お急ぎの方はこちら
  • 事前のご相談はこちら
葬儀について
オプション
お布施の目安
埋葬費
ご存知ですか?
ご葬儀の後に
すること
  • 永代供養墓のご紹介
  • 長距離搬送費用のご案内
  • 生活保護葬について
  • 大型葬儀・社葬 承ります
  • 仏壇購入割引のご紹介、墓地・霊園のご紹介
  • お葬式のマナー
  • お客様の喜びの声
  • よくあるご質問
  • 求人のご案内

ローン・クレジットでのお支払いが可能!

対応エリア

  • 平安メモリアルは、関東全域(東京・神奈川県・千葉県・埼玉県)でご対応可能です。
  • 各地域別の見積り例はこちら
  • 平安メモリアルでは、東京・神奈川・千葉・埼玉でお客様のご要望に沿ったご葬儀を承っております。
    ・ご葬儀の費用
    ・ご葬儀の規模
    ・ご葬儀の場所
    ・ご葬儀の宗旨、宗派 など
    お客様のご希望通りのご葬儀を執り行うことをお約束いたします。
    ご葬儀についての不安・ご不明な点などがございましたら、お気軽に平安メモリアルの無料相談窓口をご利用ください。
    0120-24-4000

資料請求・お問い合わせ

町田市で葬儀業者を探しているなら!

町田市で葬儀業者を探しているなら!



町田市の葬儀は変化してきています



町田市には複数の葬儀社が存在しています。葬儀といっても一昔前と現在では、まったく違ったものとなってきていますし、考え方に関しても時代を追うごとに違ったものとなってきています。以前であれば大々的に行うのが当然のようになっていましたし、さらに前になると自宅で行うのが当たり前だったと言われています。もちろん現在でも自宅で行うことはありますが、専用の会場などを利用することが一般的となりつつあります。近所の人や会社の人など、たくさんの人の手を借りて行うというのも当然の事でしたが、それも以前の話となり、近年ではそういった手伝いなどが必要となることは少なくなってきました。

より故人の希望する形で行うということが重要なものとなってきています。

また、費用の面でも変化が見られつつあります。大きなお金をかけることを望まないという人も多くなってきていて、できるだけ費用を抑えることを希望する人は増えてきています。いくつかのプランがありますが、葬儀は人生の中で何回も執り行うということはありませんから、分からないこともとても多くなっています。

そこで葬儀社にもとめることはどのようなことが必要であるのか、一つ一つにどのような意味があるのか、必要ないものはどのようなことなのか、といったことにきちんと対応できるということでしょう。いろいろなプランなどがありますがプランだけでなくいかに故人の意思を尊重してくれることができるのかといったような点も重要なものとなってきます。多くの場合で突然訪れるものですからじっくり選択したりするということは実際には難しいものとなります。だからこそ慎重に選択することも必要となってきます。



町田市の葬儀に必要なことは?



葬儀を行うということは人生の中で何度もあるということはありませんから、まずどのようなことを行ったらよいのかなど、困ってしまうこともとても多くあります。まずは家族などが亡くなったという場合には、自宅や安置所まで故人を運ばなければなりません。そこまでしてもらってよいのかという気もしますが、お願いすればきちんと対応してもらうことができますから、まずは葬儀社へ連絡するとよいでしょう。自宅には故人を置いておくことができないような場合には、安置所を提供してもらうこともできますから安心です。自宅に安置する場合にも、必要となるものなどの準備も行ってもらうことができますからこちらも安心でしょう。

いきなり準備を行うといっても何をどうしたらよいのか分からないという人の方が多いでしょうから、分からない点はとにかく聞いてみるようにすることが大切です。その後お寺などへの連絡を行い、いつ行ったらよいのかなどの予定を決めることになります。予定が決まればどこにお願いするのかということになりますが、これは見積もりを出してもらうことができますからそういったものを参考にしてみるとよいでしょう。故人を搬送してもらったところにそのままお願いするということも多くなっています。

ここからは指示を出してもらうことができて安心ですが、分からない点などがあればどんどん相談し、安心して落ち着いて故人をおくることができるようにしましょう。親戚なども集まってきますから、その中で花輪など必要なものがあれば一緒にお願いすることになりますが、全体のバランスなども考え、きちんと相談して決めるとよいでしょう。



葬儀の後にも行うことがあるの?



葬儀が終わるとなんとなくほっとした気持ちになるのは当然ですが、終わった後にも行うことはたくさんあります。終わった後には遺骨を自宅の祭壇に供えることになりますが、この準備などもなかなか判断が難しく、自分では分からない時も、準備してもらうことができます。その後四十九日まではその状態となりますが、その間にどのようなことをしておけばよいのかなども聞いてみるとよいでしょう。地域によっても行うことには違いがありますから確認しておけば安心です。

四十九日の法要は近親者などで行うことが多くなりますが、その際にも料理などの準備などもありますから、その辺りもどのようにしたらよいのか相談しておくと後で困らずにすみます。遺骨は四十九日の法要が済んだ後にお墓に入れることになりますが、近年では核家族の増加からお墓の準備ができていないケースも珍しいことではありません。そういった場合もどのようにしたらよいのか聞いておきましょう。

何よりも分からないことが多いのは当たり前となりますから、全部任せるということではなく、きちんと確認しながら、また相談しながらすすめていくようにしましょう。

お寺へのお礼などもそれぞれで規定があるような場合であれば分かりやすいのですが、規定がない場合もあります。いくらぐらいのお布施を包んだらよいのか、どのように渡したらよいのか分からないことだらけになるのが当たり前です。だからこそプロに相談しながら失礼のないように一つ一つを確認して行っていくことが故人に対しても大事なこととなってきます。