資料請求・お問い合わせ

  • 消費税率変更のご案内
  • お急ぎの方はこちら
  • 事前のご相談はこちら
葬儀について
オプション
お布施の目安
埋葬費
ご存知ですか?
ご葬儀の後に
すること
  • 永代供養墓のご紹介
  • 長距離搬送費用のご案内
  • 生活保護葬について
  • 大型葬儀・社葬 承ります
  • 仏壇購入割引のご紹介、墓地・霊園のご紹介
  • お葬式のマナー
  • お客様の喜びの声
  • よくあるご質問
  • 求人のご案内

ローン・クレジットでのお支払いが可能!

対応エリア

  • 平安メモリアルは、関東全域(東京・神奈川県・千葉県・埼玉県)でご対応可能です。
  • 各地域別の見積り例はこちら
  • 平安メモリアルでは、東京・神奈川・千葉・埼玉でお客様のご要望に沿ったご葬儀を承っております。
    ・ご葬儀の費用
    ・ご葬儀の規模
    ・ご葬儀の場所
    ・ご葬儀の宗旨、宗派 など
    お客様のご希望通りのご葬儀を執り行うことをお約束いたします。
    ご葬儀についての不安・ご不明な点などがございましたら、お気軽に平安メモリアルの無料相談窓口をご利用ください。
    0120-24-4000

資料請求・お問い合わせ

町田市で葬儀をするポイント

町田市で葬儀をするポイント



死ということと生きるということに向き合う瞬間


人間の一生を考えた場合、葬儀というのは最後は誰でも迎えることになります。それだけにやり直しがききません。後悔しないようにするためにも、様々な知識が必要ですが、実際にはほとんどの場合、分からずに困ってしまうものなのです。

結果として、必要以上の飾りつけで顰蹙を買ってしまうこともありますし、簡素になりすぎて寂しいことになる場合もあります。こうした事態を避けるためにも、町田市などでも葬儀社や葬儀場を選ぶための知識を身に付けることが大切になってくるのです。

後悔しないようにするためには、費用の相場を想定できるようにしておかなければいけないでしょう。これがわからないからこそ、どんなところを選んだらいいのかがわからなくなってしまいます。費用の相場を知るということは、安価で葬儀を挙げるということではなく、適正なサービスを理解するためにも必要なのです。その相場を知るためには、どんな手順になるのかも知らなければいけないでしょう。こうして、やっと後悔しないで済むお葬式を上げることができるようになるのです。
葬儀というものは、確かに儀式かもしれません。ですが、死ということに向き合うことである以上、大切な瞬間となるでしょう。宗教宗派の違いやそれぞれの考え方はありますが、生きるということの価値を否定したりしないようにしなければいけません。故人を送り出していくために、一緒におこなっていくことによって、家族の在り方や親せきとのつながりも確認をすることもできます。こうしたことから、これから先残された人々が生きるということが、どんなことになっていくのかを想定することもできるようになるでしょう。安易に面倒と考えたり、お金をかけたくないといって行わなかったりすることは、のちに後悔することになると考えるべきなのです。

宗教・宗派の問題


葬儀ということは、死という問題であり、故人の信仰や宗教と切り離すことができない問題です。宗教的儀礼であるという側面がある以上、多くは宗教者が主導することになって行くでしょう。同じ宗教でも、宗派が異なると、流れなどに違いが出てくることを理解しておくことが失敗を防ぎます。

まず、重要なこととして、故人の信仰が重要視されることを忘れてはいけません。喪家の宗教・宗派ではありませんので、注意が必要でしょう。もしも、間違った手順で行うことにより、菩提寺によってはお墓に入れないこともあります。町田市のように、人口が多く、都会といえる東京都であっても、もう一度行うという可能性も出てきますので、十分な確認のもとで行っていかなければいけません。普段はあまり意識することはないかもしれません。ですが、葬儀という場面においてはしっかりと考えていかなければいけないものなのです。そのためにも、故人の宗教や宗派は、事前に把握しておくことが必要だといえるでしょう。

なぜ、ここまで大きな問題になるのかといえば、宗教や宗派による生死観に違いがあるからです。生と死という正対する問題に対し、それぞれに考えがあり答えを求めようとしてきた歴史があります。だからこそ、手順や作法も独自なものへとなっていくため、その考えに則って行われていくことになるのです。
日本の仏教の基本的な考え方は、亡くなって仏の弟子になると信じられています。これがキリスト教では、神に召されて天国で安息の日々を過ごすという考え方になり、この日は喜ばしいことと考えるのです。基本的な部分だけでも、大きな違いが出てくるのですから、根本的な部分での違いもあることを理解しなければいけません。

今後増える無宗教の葬儀


日本人が葬儀といって想像するのは、仏式になってくるでしょう。しかし、宗教に属さなければいけないという理由はありません。最近では、無宗教ですと言い切れる人も増えてきているように、自由に選ぶ権利があります。宗教には、伝統や格式があり、こうしたことに対してとらわれることなく生きたいということは、現代社会という環境から考えて難しい判断ではないでしょう。

無宗教の場合には、何も拘束される考え方がありません。そこで、自由葬と呼ばれることも出てきました。ただし、これはあくまでもセルフプロデュースであるということを指しています。自由葬ということが、無宗教と同一ではないという事だけには注意しなければいけません。
自由葬の中で多いのが、音楽葬のようなスタイルです。故人が好きだった音楽を中心としながら、葬送するスタイルですが、仏式やキリスト教でもみることがあるでしょう。つまり、こうした自由に見える形であっても、すべてが無宗教というわけではないのです。

無宗教の場合を考えると、何ら形にとらわれる必要がないということになるでしょう。標準的な形もありませんし、内容も何か決めなければいけないわけでもなくなります。火葬さえすることができれば、埋葬する場所も檀家にならなければいけない、ということもありません。日本人自体は、海外の人に比べると宗教意識が低いこともあり、東京都に属す町田市あたりでも、今後こうした形式にとらわれない形が拡大していくことは間違いないでしょう。
それでも、菩提寺があったりする場合には、無宗教的な形にすると埋葬を拒否されることも出てきます。現在のところは一般的な形ではないことも確かですので、トラブルになることも考慮し、打ち合わせをしながら行っていくことが大切なのです。