資料請求・お問い合わせ

  • 消費税率変更のご案内
  • お急ぎの方はこちら
  • 事前のご相談はこちら
葬儀について
オプション
お布施の目安
埋葬費
ご存知ですか?
ご葬儀の後に
すること
  • 永代供養墓のご紹介
  • 長距離搬送費用のご案内
  • 生活保護葬について
  • 大型葬儀・社葬 承ります
  • 仏壇購入割引のご紹介、墓地・霊園のご紹介
  • お葬式のマナー
  • お客様の喜びの声
  • よくあるご質問
  • 求人のご案内

ローン・クレジットでのお支払いが可能!

対応エリア

  • 平安メモリアルは、関東全域(東京・神奈川県・千葉県・埼玉県)でご対応可能です。
  • 各地域別の見積り例はこちら
  • 平安メモリアルでは、東京・神奈川・千葉・埼玉でお客様のご要望に沿ったご葬儀を承っております。
    ・ご葬儀の費用
    ・ご葬儀の規模
    ・ご葬儀の場所
    ・ご葬儀の宗旨、宗派 など
    お客様のご希望通りのご葬儀を執り行うことをお約束いたします。
    ご葬儀についての不安・ご不明な点などがございましたら、お気軽に平安メモリアルの無料相談窓口をご利用ください。
    0120-24-4000

資料請求・お問い合わせ

町田の葬儀で必要となる知識とは?基本的な情報をチェック

町田の葬儀で必要となる知識とは?基本的な情報をチェック



葬儀とは



葬儀といえばほとんどの人が、通夜、葬式、告別式のことを思い浮かべるでしょう。

しかし、実際に行う人間にとってはそれだけが重要な事というわけではありません。葬儀は、家族や身近な人が亡くなったそのときから始まります。そのため、亡くなってしまうことが想定される場合は、早めに用意しておかなくてはなりません。

一般的な手順としては、みなさんが思い浮かべるとおりになります。

現代では病院のベッドで最期を迎える人が多いので、病院でのご臨終から一般的に始まります。ご臨終の告知の仕方は病院によって違いますが、その瞬間にそこにいる人に伝えるというのが多いと言われています。

葬式は家族や大切な人の死という現実に向きあい、その事実を受け入れるために必要なことです。そのため、故人の死をどう受け止め、その人に、どのような思いを抱くのかによって、お別れのかたちも変わってきます。そういった意味では、葬式はかたちを選ぶ時代になっているのです。

種類としては、一般的な遺族、親族のほかに親しい人や職場関係者も呼ぶものや、親族だけで執り行うものもあります。

そのほかにも自宅で葬式を行うことが見直されています。自宅でやる場合に適したサービスを提供する企業も年々増えてきています。自宅の場合は会場費用もかからず、祭壇や飲食接待費などもあまりかかりません。

一般的な斎場での葬式は、会場費用はかかりますが、設備が整っているので汎用性がとても高く安心です。初心者の人は、斎場葬儀のほうが安心できていいでしょう。

他には、寺院や教会での葬式があります。ここでの葬式は宗教性の高い場所なので、有意義なお別れが行えるでしょう。町田などの地域で行われる際にも、あらかじめ、教会にお願いするなどして、予約するようにしましょう。



費用は何がかかるの?



お葬式の費用がどれくらいかかるのかしっかりと理解している人は少ないでしょう。いくらぐらいなら町田市で最低限の葬儀ができるのでしょうか。葬式にかかる費用は、一般的に本体費用と寺院費用、飲食接待費用があります。この3つの費用を足し合わせた合計が葬式の費用というわけです。企業が事前に示す見積書は、一般的に本体費用のみで、企業の見積書が葬式にかかる費用の総額ではないということになります。この知識がないと、考えている費用に差が出てしまい、あわてることになってしまいます。

また、企業が出しているプランの中に含まれているものとして飲食接待費用があることが多いのですが、寺院へかかる費用が含まれていることはありません。

そのため、プラスアルファとして寺院費用が必要になるということを覚えておくと、町田市で葬儀をあげる際には分かりやすいでしょう。

ただし、出費だけではなく収入もあります。葬式における収入は香典です。香典は、線香の変わりに霊前にお供えするものという意味ですから、家族に渡すことが一般化しています。

また、最近では生命保険にすでにお葬式の費用が組み込まれているものも発売されています。死亡審査などを受けたのちに、保証金をいただくことができますので、これも収入と考えることができるでしょう。

このようなことから葬儀費用は支出と収入の差し引きで考えることが一番良いとされます。

また、少人数のものなら費用負担が少なくすむとは限りません。最近では、少人数の家族葬や、お葬式なしの直葬が選ばれる傾向になりつつありますが、出費だけではなく収入を考えると全体的に安く済むとは言い切れません。直葬を希望する理由として、出費を抑えたいとか、身内以外の人が来るとわずらわしいなどありますが、全体を見越して考えたほうが良いでしょう。



マナーをしっかりと覚えておこう



葬儀における礼儀をしっかりと理解している人は少ないのではないでしょうか。参列者の服装は、通夜では礼服を着ないほうが良いとされてきました。

しかし、最近では葬儀と告別式の変わりに通夜に出席する人が多くなり、通夜でも礼服を着る人が増えてきています。こういった場に参列する場合は、男女ともに洋装の準礼服を着用する場合がほとんどです。

持ち物に関しては、そこまで礼儀はありませんが、香りには気を配りましょう。香水は、お香がたかれるこういった不祝儀の場ではふさわしくありません。

さらに、音にも注意しなくてはなりません。時計や携帯電話のアラーム音や着信音は、斎場につく前にならないように設定しておくようにしましょう。式の最中に着信音がなるケースはとても多く、斎場の雰囲気を壊すような重大なマナー違反となってしまいます。

不祝儀の場には、定刻より少し早めにつくようにしましょう。遅れての参加はどういった式においても、マナー違反です。

また、途中で帰るような場合には、できるだけ末席に座るようにしておき、焼香を終えたら静かに退席するようにしましょう。

また、斎場では、大きな声での会話や世間話は控えるようにします。これは、一般的なマナーといえるでしょう。

また、遺族へのお悔やみの言葉は、短い言葉でかまいません。小さく低めの声で控えめに、「このたびはご愁傷様です」などで十分に気持ちは伝わります。挨拶の後には、かならずお辞儀をするようにしましょう。