資料請求・お問い合わせ

  • 消費税率変更のご案内
  • お急ぎの方はこちら
  • 事前のご相談はこちら
葬儀について
オプション
お布施の目安
埋葬費
ご存知ですか?
ご葬儀の後に
すること
  • 永代供養墓のご紹介
  • 長距離搬送費用のご案内
  • 生活保護葬について
  • 大型葬儀・社葬 承ります
  • 仏壇購入割引のご紹介、墓地・霊園のご紹介
  • お葬式のマナー
  • お客様の喜びの声
  • よくあるご質問
  • 求人のご案内

ローン・クレジットでのお支払いが可能!

対応エリア

  • 平安メモリアルは、関東全域(東京・神奈川県・千葉県・埼玉県)でご対応可能です。
  • 各地域別の見積り例はこちら
  • 平安メモリアルでは、東京・神奈川・千葉・埼玉でお客様のご要望に沿ったご葬儀を承っております。
    ・ご葬儀の費用
    ・ご葬儀の規模
    ・ご葬儀の場所
    ・ご葬儀の宗旨、宗派 など
    お客様のご希望通りのご葬儀を執り行うことをお約束いたします。
    ご葬儀についての不安・ご不明な点などがございましたら、お気軽に平安メモリアルの無料相談窓口をご利用ください。
    0120-24-4000

資料請求・お問い合わせ

町田で新しいお葬式・家族葬を行う方法

町田で新しいお葬式・家族葬を行う方法



新しいお葬式



お葬式というと、まず通夜を行い故人を惜しんで、それから葬儀と告別式を行うのが一般的と思われています。しかし時代と共にお葬式のかたちも変化してきて、新しい形式のお葬式が生まれてきています。それが1日葬や家族葬といわれるお葬式です。

お葬式では葬儀を行う前日に通夜といって故人を悼む儀式がありますが、実際にはひっきりなしに弔問客が訪れて、故人を悼む暇がないというケースも珍しくないようです。さらに弔問客に対してお清めといって来訪者に料理が振る舞われますが、料理の内容はグレードアップする傾向にあり、特上寿司が振る舞われることもあって費用も大きくなっています。また葬儀と告別式についても、お坊さんにお経を読んでもらい身内で故人を悼む葬儀と、身内と親しい人が故人を悼み最後のお別れの場となる告別式が一緒に行われるのが通例となっており、ここでも常に人の目があって故人を悼む暇もない場合もあります。

そうしたお葬式を行うには祭壇の用意から弔問客の対応まで、手間と費用がかかります。そのため葬儀社ではパッケージサービスとなっており、遺族はその中からお葬式の形式を選択し葬儀社任せのお葬式になってしまいます。そのような形の決まっているお葬式ではなく、簡素に親しいものだけで故人を見送るのが1日葬や家族葬式といわれるといわれる新しいお葬式です。

新しいお葬式では形式が簡素なため費用が大きく抑えられるというメリットのほか、親しい人だけで故人をお見送りするため、弔問客の対応に追われて故人を悼む暇もない、ということもなく、ゆっくりと故人を悼むことができるのが特徴です。葬儀社や葬儀場などもそんな新しい形式のお葬式に対応するところが多くなってきています。



家族葬の特徴



新しいお葬式の中でも家族葬は、身内や親しい人だけでお葬式を行う新しい形のお葬式で、密葬などとも呼ばれています。お通夜、葬儀、告別式といった儀式を行う一般葬では、身内や親しい人だけでなく、以前に付き合いがあった、故人を知らないが同じ会社で働いているといった人たちも弔問にくるため規模が大きくなりがちです、そうした一般葬に比べて家族葬は故人の身内やごく親しい人だけで行うお葬式のため、規模がコンパクトなのが特徴です。

また豪華な祭壇や、通夜の弔問客に料理を振る舞うといったことも行わず、行っても規模が小さいため、葬儀費用が大きく抑えることができます。何より、親しい人だけで故人を悼む時間を十分にとることができるのは大きな特徴でしょう。

家族葬はメリットばかりのように思われますがデメリットもあります。それは葬儀の規模が小さい分、香典が少ないため、お葬式の費用が家族負担になるということです。中には、香典を断ってしまう場合もあり、このような場合はお葬式の費用はすべて家族が負担することになります。またお葬式に出ることができなかったということで、お葬式の後などに故人の知り合いが自宅に訪ねてくるなどということもあります。家族葬は周囲に理解が得られない場合もあります。特に地域によってはお葬式の形に拘りがあり、それ以外の形式のお葬式を行うことに対して反発がある場合もあります。そのため家族や親しい人だけでお葬式を行う場合は、故人の知り合いにあらかじめ密葬を行うことを伝えておいたり、身内だけでお葬式を行うことへの理解を求めるなどしておきましょう。地方では特に地域での付き合いを大切にしているところも多く、なかなか受け入れてもらいにくいのですが、近年、家族葬を行う方はかなり増えてきています。都心部だけに限らず、これからは地方でも増えていくのではないでしょうか。



インターネットで葬儀社や葬儀場を検索する



お葬式を行う場合は葬儀社や葬儀場を利用しますが、葬儀社や葬儀場を探す場合はインターネットを利用すると便利です。

例えば町田市でお葬式を行うときの「町田 葬式」などといった言葉をキーワードにして検索すると、町田市内にある葬儀社や葬儀場が検索されます。また「町田 家族葬」といったキーワードで検索すると、家族葬を行っている葬儀社や葬儀場が検索されます。葬儀社や葬儀場は、自宅から店舗まで送迎を行う、自宅での訪問相談が可能などサービスや料金が異なるため、葬儀社や葬儀場のホームページにアクセスして料金やサービスを確認してみましょう。

葬儀社や葬儀場ではお通夜を行わない直葬と呼ばれる形式のお葬式に対応しているところや、告別式だけを行うもの、自宅でのお葬式などにも対応しているところもあります。またお葬式がパッケージ商品になっていてお葬式の形が決まっているところや、遺族の希望に応じてお葬式の形式を相談の上対応をしてくれるところなどもあります。そして葬儀社や葬儀場によって料金が大きく異なる場合もあるため、複数の葬儀社や葬儀場を比較して希望にあったところを利用するようにしましょう。

なお、地方自治体によってはお葬式に必要な祭壇等の貸出や葬祭用品の販売を行っているところがあり、またお葬式について無料で相談に対応してくれるところもあります。葬儀社や葬儀場が提供している型にはまったお葬式ではなく、故人の望む通り、または身内の望み通りのお葬式を行いたい場合は相談してみてもよいでしょう。地方自治体のサービスを利用する場合は、その地域に住んでいることが条件です。