資料請求・お問い合わせ

  • 消費税率変更のご案内
  • お急ぎの方はこちら
  • 事前のご相談はこちら
葬儀について
オプション
お布施の目安
埋葬費
ご存知ですか?
ご葬儀の後に
すること
  • 永代供養墓のご紹介
  • 長距離搬送費用のご案内
  • 生活保護葬について
  • 大型葬儀・社葬 承ります
  • 仏壇購入割引のご紹介、墓地・霊園のご紹介
  • お葬式のマナー
  • お客様の喜びの声
  • よくあるご質問
  • 求人のご案内

ローン・クレジットでのお支払いが可能!

対応エリア

  • 平安メモリアルは、関東全域(東京・神奈川県・千葉県・埼玉県)でご対応可能です。
  • 各地域別の見積り例はこちら
  • 平安メモリアルでは、東京・神奈川・千葉・埼玉でお客様のご要望に沿ったご葬儀を承っております。
    ・ご葬儀の費用
    ・ご葬儀の規模
    ・ご葬儀の場所
    ・ご葬儀の宗旨、宗派 など
    お客様のご希望通りのご葬儀を執り行うことをお約束いたします。
    ご葬儀についての不安・ご不明な点などがございましたら、お気軽に平安メモリアルの無料相談窓口をご利用ください。
    0120-24-4000

資料請求・お問い合わせ

町田でも気を付けなければいけない宗教による葬儀の違い

町田でも気を付けなければいけない宗教による葬儀の違い



仏教での葬儀


日本の葬儀ということを考えた場合、9割は仏式といわれています。土着宗教であるということもありますが、他の選択肢を考えることもなく、自動的に選択しているということもあるでしょう。定式化して部分が強く、臨終の段階から、通夜、葬儀告別式、火葬という流れは、ほぼ共通といってもいい状況です。
しかし、宗派によって細かに違いがあることを忘れてはいけません。祭壇の作り方から始まり席順や作法も違いがあるのです。読経される経にも違いがありますので、ある程度認識しておかなければいけません。いくら定式化しているといっても、作法の中に知らないことや分からないことも出てきます。

こんな違いが生まれる理由は何かといえば、宗派によって教義が異なり、生死観の違いがあるからです。これが作法の違いになってくるため、宗派を知るところから始めないと、作法も見えてこないのです。特に気を付けなければならないのは、遺族となった場合でしょう。檀那寺になっていれば、故人の帰依した宗派を知らなければいけませんし、宗派に合った葬儀をすることになります。

稀なケースですが、違う宗派を間違ってしまったがゆえに、やり直さなければ埋葬できないこともあるのです。東京のように、宗教とは無縁に近いようなところでもこうしたことは起きます。町田なども含め、必ず調べていかなければいけないポイントです。なぜ埋葬してもらえないかといえば、経や儀礼に宗派独自の解釈があるからです。

日本の仏教の宗派は数多く存在します。古代インドを発祥とする仏教ですが、日本に伝わって以来、長い年月とともに分岐し、その数を増やしていったのです。

仏教とは異なる神式


日本人の一生を考えると、生まれたときに神社でお祓いを受けます。結婚式はキリスト教で、亡くなるときは仏教になってしまうのです。宗教に疎く、寛大であまり気にしないということもありますが、それにしても混ざり合っています。そんな中で、神式の葬儀は日本に古くからあるとも言われている形です。仏式に比べると少数ですが、多くの共通点を持っていることから、馴染みやすい部分があります。

神式というのは神葬祭を指しています。全国の神社で行われる祭祀儀礼のことで、神道系教団の教派神道とは別であることには注意が必要です。
仏式と異なる考え方として、仏教では亡くなった後は仏の弟子として生まれ変わると考えます。これに比べ、神式では家族を守る神となり家に残るのです。先祖の霊と共に守り神になるため、祖先の霊に知らせ、故人を送り出す儀式になります。ここが大きな違いでしょう。
神道では死は穢れとし嫌われます。お祓いをして清めるという考え方も、穢れを払うということで同じ目的なのです。
流れとして考えた場合、神式では穢れを嫌うために、神社では執り行いません。自宅や斎場を祭場で執り行うのも、神社に汚れを持ち込めないからです。この辺りは注意点といえるでしょう。

儀式には、すべて祭という言葉が付くところが違いですが、流れの最後も守り神となって帰ってもらう帰家祭となります。すべてが終わると、仏式でも家に入る前に、塩をまいたりすることがあるでしょう。これは穢れを払うためのもので清めの塩になるわけですが、このあたりは神式の影響を受けているという点です。そのため、町田市周辺でも最近では塩をまかないというところも増えているのです。

事前に相談のできる業者を選ぶ


宗教や宗派によって葬儀のしきたりやマナーが違っていることもありますが、まずしなければならないことは葬儀場を決めることです。生前よりいざという時のために事前に葬儀会社に相談をしておくといった方も最近では増えつつあります。あらかじめ場所や埋葬の仕方、遺影の写真や連絡して欲しい人などを知らせておくと残された家族も故人の意向をくんだお葬式を執り行うことができます。町田市にもこういった事前相談を行っている業者もありますので、確認しておくことも大切なことです。

事前に相談していなくても、突然のことでどうすれば良いのか分からないといった相談を受け付けてくれ、葬儀の流れやお葬式についても行っている業者も数多くあります。業者によっては、葬祭ディレクターが相談に乗ってくれるなど葬祭のプロが手助けをしてくれます。

そして、葬儀を取り仕切る業者が決まれば、見送る準備に取り掛かることとなります。形式は仏教であるのか、神式であるのか、キリスト教、無宗教など宗旨や宗派によって違いがありますので、きちんとお葬式を行う場所で打ち合わせをすることが必要となります。葬儀を専門で行っている業者であれば、これらの形式についての知識も持っているので、それぞれの形式に合った方法で故人を見送ることができるでしょう。業者を選ぶ時にはこういったことに対応しているところを選ぶことも重要となります。人の死というのは決まりがありませんし突然訪れるものです。しかし、誰しも最期の時は訪れますので、事前に業者に相談して備えておくことで、自分の望む方法で見送ってもらうことができるのです。