資料請求・お問い合わせ

  • 消費税率変更のご案内
  • お急ぎの方はこちら
  • 事前のご相談はこちら
葬儀について
オプション
お布施の目安
埋葬費
ご存知ですか?
ご葬儀の後に
すること
  • 永代供養墓のご紹介
  • 長距離搬送費用のご案内
  • 生活保護葬について
  • 大型葬儀・社葬 承ります
  • 仏壇購入割引のご紹介、墓地・霊園のご紹介
  • お葬式のマナー
  • お客様の喜びの声
  • よくあるご質問
  • 求人のご案内

ローン・クレジットでのお支払いが可能!

対応エリア

  • 平安メモリアルは、関東全域(東京・神奈川県・千葉県・埼玉県)でご対応可能です。
  • 各地域別の見積り例はこちら
  • 平安メモリアルでは、東京・神奈川・千葉・埼玉でお客様のご要望に沿ったご葬儀を承っております。
    ・ご葬儀の費用
    ・ご葬儀の規模
    ・ご葬儀の場所
    ・ご葬儀の宗旨、宗派 など
    お客様のご希望通りのご葬儀を執り行うことをお約束いたします。
    ご葬儀についての不安・ご不明な点などがございましたら、お気軽に平安メモリアルの無料相談窓口をご利用ください。
    0120-24-4000

資料請求・お問い合わせ

生活保護を受ける方が知っておきたい、葬儀の費用について

生活保護を受ける方が知っておきたい、葬儀の費用について



お葬式を行う前の手順



お葬式をあげなければいけなくなった場合、どのような手順が必要になるのか分からない部分もでてくる方も多いと思いますが、まずは焦らずに状況を整理する事が必要になります。

最初に無くなった方の遺体を確保する所からはじまります。病院で亡くなった場合には、病室から霊安室に移されますが自宅で亡くなった場合には、主治医に連絡し死亡を確認してもらうことになります。主治医がいない場合には、警察による現場検証が必要になりますので、検証が終わるまで遺体は動かせませんので注意が必要です。その後、担当医から死亡診断書と死亡届が渡されますので記入します。この死亡届は故人に一番親しい人が記入する事になります。記入後は、故人の住んでいた本籍か届け出る方の現住所、死亡した場所の市区町村役所のどこかに提出します。その後、遺体を安置する為の場所に運びます。

お葬式をお願いする場合には、お葬式社の遺体安置所に任せることもありますし、自宅で家族と最後の時間を過ごされる場合もあります。遺体を安置場所に移動できたら、お葬式の打ち合わせを行います。故人と最も親しい方が喪主となり、葬儀会社と話し合いながら、これから行うお通夜とお葬式の日程や予算、お葬式の形式や行う場所などを決め、参列者の方に連絡します。お葬式はどんな日程でも行えるというわけではなく、やはり火葬場の営業日にしか行うことができません。

また、元旦から三が日はお葬式を行わないのも一般的です。通常のお葬式は友引の日を避ける傾向がありますので、事前にお葬式日程はしっかり決めておかなければなりません。連絡は一人一人にするのではなく、代表者に連絡を通し、連絡を受けた代表者から各個人へと伝えてもらうケースがほとんどです。連絡の時には、故人の死亡時刻や死亡原因の他に、連絡している自分が故人とどのような繋がりがあるのかを伝える事も重要となります。



お葬式の変化



葬儀の種類は色々ありますが、基本的に親しい人が故人を葬る儀式の事で、あの世に行っても元気でいられるように冥福を祈る式です。私たちは、普段の生活で生きているという実感を得る事はほとんどありません。健康な方が病気になった時に初めて健康のありがたさに気付くのと同じく、家族や恋人、恩師などの親しかった人の死がある事で、生きている事、自分の時間が無限ではなく有限である事に気付かされます。もちろん親しい人が死んでしまう事はこれ以上ない悲しみですが、親しい人の死がきっかけで普段の生活を顧みる事に繋がり、これからの人生を充実させようとより時間を有効に使おうと考えます。このように、親しかった人の死によって気付く思いもあるのです。

葬儀は、もちろん故人のための行うものなのですが、送り出す参列者の人生を語る上で、大きな節目でありとても大切な通過儀礼になる事は間違いありません。現在、葬儀には様々な形があり、より故人を偲べるようになってきています。結婚式も地味婚ブームがあったように、最近では本当に親しい方だけで上げる家族葬という形を選択する方が増えてきています。家族葬は、会社関係者やあまり付き合いのない方が参列することはなく、親しい方のみであげるお葬式ですのでアットフォームな葬儀です。その為、通常の結婚式よりも遺族の方々の負担も少なく、年々増加傾向にあります。このように時代に合った葬儀が徐々に増えて来ているのも事実です。その為、オーダーメイドのような式も多く、葬儀屋選びで選択する幅も変ってきますので葬儀屋はしっかりと確認しておかなければなりません。



生活保護の葬儀



現在、過去にないレベルで増えて来ているのが生活保護受給者です。生活保護とは、経済的に困っている方に国や自治体がお金を援助する制度です。病院が無料になったり、水道料金が減免される事があります。

生活保護者は、申請を行うとNHKの受信料が免除になります。このように経済的に困っている方が利用する制度が生活保護ですので、お葬式をあげようと思っても金銭的な理由からあげられないといったこともあります。そんな時に利用したいのが葬祭扶助です。

葬祭扶助とは、生活保護法の一つで残された遺族の生活が困窮しているため、お葬式をあげるお金がなく困っている場合、国がその金額を負担してくれる制度です。葬祭扶助を利用する事によってが支給されるのは、あくまでも葬儀の費用を出すことができない方のみという縛りはありますが、困っている方にはとても助かる制度です。

葬祭扶助支給額は地域によって変動があったり、大人と子どもによっても料金は変わってきますが、サラリーマンの初任給程度の料金はかかる金額と考えておいて頂ければそこまで大きな差はでてきません。この金額以内でできるお葬式が増えてきて、各葬儀屋はお手頃なプランを用意している所が増えてきました。自分で行いたいと思い、式場などに連絡して見積もりを出したものの思うような金額が出てこなかった方も、こちらのプランを利用すれば、遺体の安置から散会までの流れを全てお任せする事ができます。しかし、あくまで葬祭扶助以内で行える物になりますので、豪華なお葬式はできません。大抵のお葬式は火葬場で火葬するだけに留まり、僧侶もつかないというお葬式がほとんどになりますので、注意が必要です。