資料請求・お問い合わせ

  • 消費税率変更のご案内
  • お急ぎの方はこちら
  • 事前のご相談はこちら
葬儀について
オプション
お布施の目安
埋葬費
ご存知ですか?
ご葬儀の後に
すること
  • 永代供養墓のご紹介
  • 長距離搬送費用のご案内
  • 生活保護葬について
  • 大型葬儀・社葬 承ります
  • 仏壇購入割引のご紹介、墓地・霊園のご紹介
  • お葬式のマナー
  • お客様の喜びの声
  • よくあるご質問
  • 求人のご案内

ローン・クレジットでのお支払いが可能!

対応エリア

  • 平安メモリアルは、関東全域(東京・神奈川県・千葉県・埼玉県)でご対応可能です。
  • 各地域別の見積り例はこちら
  • 平安メモリアルでは、東京・神奈川・千葉・埼玉でお客様のご要望に沿ったご葬儀を承っております。
    ・ご葬儀の費用
    ・ご葬儀の規模
    ・ご葬儀の場所
    ・ご葬儀の宗旨、宗派 など
    お客様のご希望通りのご葬儀を執り行うことをお約束いたします。
    ご葬儀についての不安・ご不明な点などがございましたら、お気軽に平安メモリアルの無料相談窓口をご利用ください。
    0120-24-4000

資料請求・お問い合わせ

家族葬と町田市で家族葬を主に行っている斎場

家族葬と町田市で家族葬を主に行っている斎場

家族葬とは


最近、家族葬という言葉をよく聞くようになってきましたが、イメージするのは家族だけでひっそりとお葬式をするといった感じではないでしょうか。実際にはいったいどのような葬儀なのでしょう。本来お葬式は自由に行うもので、規定や規則があるものではありません。時代と共に葬儀を行うかたちも変わっていき、以前は自宅や集会所で葬儀を行っていましたが、最近では専用の葬儀会館などで葬儀を行う事がほとんどになってきました。核家族化や社会的経済事情などから、葬儀においても義理やお付き合いを避けて行いたい場合や、費用の負担を抑えて経済的に行いたいという声が多くなってきたようです。そういった希望を突き詰めて出来上がったのが家族葬になります。親族や故人と特に親しかった方に参列者を制限して厳かに行われる葬儀の事なのです。家族葬にはもう一つの特長があり、それは葬儀社主導の形式的な葬儀ではなく、家族が主体になり、社会的な儀式に重点を置きすぎることなく、故人と家族のお別れの時間を最も大切にしたスタイルの葬儀というものです。家族や親しかった方とのお別れを最優先に考え、儀礼式な弔問等をなくしていますが、通夜や葬儀・告別式、火葬は少人数で、通常の葬儀と同じように行います。つまり、決して一般の葬儀を小さくしたものではなくて、最期の限られた時間を愛する家族と一緒に過ごしてお別れをしたいという一番大切な想いをかたちにし、故人を弔うという葬儀の本質を重要視した葬儀の方法なのです。

家族葬のマナー


親近者のみでしめやかに故人を偲び、落ち着いた雰囲気の中でゆっくりとお別れをする事ができる家族葬ですが、一般の葬儀とは違ったマナーもありますので、失礼にならないため、また恥をかかないように知っておいた方が良い事もあります。一番悩むのは参列していいのかどうかでしょう。一般の会葬者を招かずに家族や近親者のみで執り行われますので、ごく親しい間柄の友人は参列する事もありますが、それは遺族側が願う場合だけになります。参列するかどうかは、原則として遺族側から参列願の連絡があった場合のみの参列になります。亡くなった事を知り、葬儀があることを知ったとしても参列しないのがマナーのようです。訃報の連絡が書面の場合は参列していいものか悩むと思いますが、葬儀の案内がなかったり、参列辞退のお願いについての記載があれば参列は控えた方が良いようです。服装については近親者だけとはいえ葬儀に変わりありませんので、基本的には通常の葬儀と同じように喪服か礼服にし、子供の場合は学校指定の制服がなければ落ち着いた黒ベースの服での参列となります。一般葬儀では受付でお悔やみの言葉を述べ、遺族には直接述べないのがマナーですが、家族葬では受付自体がないケースが多いようですので、直接遺族に対してお悔やみの言葉をかけると良いでしょう。この時に忌み言葉(重ねる・くれぐれも・再三・重ね重ね・また・たびたび・しばしば・ますます・死亡・九・四など)は使わないように注意しなければいけません。香典については一般の葬儀と違い、辞退されることが多いようです。参列の連絡を受けた時に香典や供花を辞退する旨を伝えられた場合は、素直に従った方が良いでしょう。良かれと思って用意しても、香典返しで逆に負担をかけてしまうことになります。辞退の案内がない場合は香典を準備して会場で判断した方が良いでしょう。葬儀に招待されていない方で、どうしても後日ご焼香、弔問をしたいとお考えの方は、葬儀後一週間の間にすると良いのですが、遺族によっては弔問も辞退される事もありますので、まずは遺族に直接連絡して、お悔やみの挨拶をしてから弔問していいか確認を取った方が良いでしょう。招待された方もされていない方も、残された遺族の想いや考えを理解して、なるべく負担をかけないように気遣いしてあげる事が大切になります。

町田市の葬儀場


東京都多摩地域南部にあり神奈川県域と交流の深い町田市ですが、商業都市として栄えながらも農業地帯も多く残っていて、青年の街としても発展してきました。人口は東京都内の市町村で2番目に多くなっています。町田市は八王子市、多摩市、稲城市、日野市と共に斎場を運営していて、組織市住民は優遇制度を利用する事ができます。公営の斎場は南多摩斎場と高ヶ坂ふれあいセンターがあり、料金も安い事から人気があるようです。その他にも民営の斎場と寺院斎場が多数あり、様々な葬儀に対応できるようになっています。その中でも泉心庵は家族葬と一日葬を主に執り行っているのが特徴のようです。自然豊かな環境にある泉心庵は、家族葬などの小規模な葬儀に適した斎場になっていて、宗旨宗派は問わず葬儀を行う事ができます。安置設備と宿泊施設もありますので、親近者だけでゆっくりと残された時間を過ごすことができるのでしょう。葬儀のかたちも様々になってきましたので、これから小規模な葬儀を専門に行う斎場も増えてくるのではないかと思われます。