資料請求・お問い合わせ

  • ご安置施設併設
  • 消費税率変更のご案内
  • お急ぎの方はこちら
  • 事前のご相談はこちら
葬儀について
オプション
お布施の目安
埋葬費
ご存知ですか?
ご葬儀の後に
すること
  • 永代供養墓のご紹介
  • 長距離搬送費用のご案内
  • 生活保護葬について
  • 大型葬儀・社葬 承ります
  • 仏壇購入割引のご紹介、墓地・霊園のご紹介
  • お葬式のマナー
  • お客様の喜びの声
  • よくあるご質問
  • 求人のご案内

ローン・クレジットでのお支払いが可能!

対応エリア

  • 平安メモリアルは、関東全域(東京・神奈川県・千葉県・埼玉県)でご対応可能です。
  • 各地域別の見積り例はこちら
  • 平安メモリアルでは、東京・神奈川・千葉・埼玉でお客様のご要望に沿ったご葬儀を承っております。
    ・ご葬儀の費用
    ・ご葬儀の規模
    ・ご葬儀の場所
    ・ご葬儀の宗旨、宗派 など
    お客様のご希望通りのご葬儀を執り行うことをお約束いたします。
    ご葬儀についての不安・ご不明な点などがございましたら、お気軽に平安メモリアルの無料相談窓口をご利用ください。
    0120-24-4000

資料請求・お問い合わせ

いまさら聞けない お葬式のマナー

いまさら聞けない	お葬式のマナー

平安メモリアルトップページ お葬式のマナー 葬儀にまつわるお金のこと 通夜参列の際、香典に包む金額と香典袋の書き方

いまさら聞けないお葬式のマナー

葬儀にまつわるお金のこと

葬儀にまつわるお金のこと

Vol.1通夜参列の際、香典に包む金額と香典袋の書き方

香典の金額には、世間一般の相場があります。
これは、あなたと故人との間柄や年齢から決まります。

香典袋の書き方と共に確認しましょう。

香典の金額

下記の各ケースを参考にして下さい。

両親の場合
3万円~10万円
兄弟姉妹の場合
3万円~5万円
祖父母の場合
1万円~5万円
親戚の場合
1万円~3万円
仲人の場合
1万円
友人知人の場合
3000円
隣近所の場合
3000円~1万円
上司の場合
5000円
上司の家族の場合
5000円
同僚の場合
5000円
同僚の家族の場合
3000円

たとえば両親がなくなった場合は5万円程度が相場ですが、自身が40歳以上の場合は10万円包むのが良いでしょう。
友人の場合でも、自身が40歳以上であれば5000円包むと良いでしょう。

香典は通夜または葬儀のいずれかに持参します。
両方へ参列される場合には、葬儀の際に持参しましょう。
(一部地域によっては両方に持参する場合や、通夜には通夜見舞いを持参するといった風習がある場合があります。)

香典袋へのお金の入れ方

香典は死者の霊前に供えるもので、現金を不祝儀袋に包んで渡します。
白黒の水引がついたものを選びましょう。
お札の向きは表裏どちらでも構いません。
一般的には香典袋に対してお札の裏面が表になるように入れます。
複数枚いれるときは向きをそろえましょう。

香典袋の書き方

故人の宗派により、香典袋の書き方が異なります。
宗派が不明な場合は、「御霊前」と書くことが一般的です。
仏式であれば「御香奠」とする方も多いです。
ただし、御香奠(ごこうでん)は常用漢字ではないため、御香典とする場合もあります。

訃報の知らせを受けたら、お通夜または葬儀のいずれかに香典を持参します。
涙で墨が薄まるという意味をこめて、薄墨で書くのがしきたりです。

書き方の例

水引の上中央に、御霊前と表書きをします。
水引の下中央には差出人の氏名を、御香典の文字より小さく書きます。
毛筆でフルネームを記入してください。最近ではコンビニなどで薄墨筆ペンが容易に手に入ります。

連名の場合は右から左へと、3名ぐらいを目安に書きます。
4名以上の場合は代表者を中央にして、その左に小さめに「外一同」と書きます。

中袋には、表に金額を裏に住所・氏名を書きます。
漢数字は壱(一)、弐(二)、参(三)、阡(千)、萬(万)を使いましょう。
5万円ならば金五阡円、1万円ならば金壱萬円と書きます。
中袋は折り返しの三角を下にします。
「不幸が溜まらない(悲しみの心を表している)」ためと言われています。

書き方の例-神式の場合

御霊前ではなく、御玉串料や御神前、御花料と書きます。

書き方の例-キリスト教の場合

宗派がわからなければ献花料、プロテスタントでは「弔慰料」、カトリックでは「御ミサ料」と書きます。
水引はなくて良いでしょう。色の決まりなどもありません。

間違いやすい点

のりづけはしない

熨斗袋や中袋には、のりづけは必要ありません。

ふくさに包みましょう

ふくさに包んで先方に持参するのが礼儀です。
色は地味な色がふさわしく、緑や灰色、紫などがいいでしょう。
包み方は、ふくさをひし形にして、角を上にあげます。
中央に不祝儀袋を表向きに置いて、右下上の順にたたみます。 最後に左側を折って端を裏側に回して完成です。

お悔やみの言葉

香典を渡すときはお悔やみの言葉をつけます。
「この度はご愁傷さまでございます。」一般にはこのような言葉が用いられます。
なによりもお悔やみの気持ちを持つことが大切です。

香典のマナーまとめ

  • 金額は間柄とあなたの年齢から確認すること
  • 香典袋は宗派が不明であれば「御霊前」と書かれた白黒の水引のあるものを用いる
  • 表書き、フルネームは薄墨の毛筆で