資料請求・お問い合わせ

  • ご安置施設併設
  • 消費税率変更のご案内
  • お急ぎの方はこちら
  • 事前のご相談はこちら
葬儀について
オプション
お布施の目安
埋葬費
ご存知ですか?
ご葬儀の後に
すること
  • 永代供養墓のご紹介
  • 長距離搬送費用のご案内
  • 生活保護葬について
  • 大型葬儀・社葬 承ります
  • 仏壇購入割引のご紹介、墓地・霊園のご紹介
  • お葬式のマナー
  • お客様の喜びの声
  • よくあるご質問
  • 求人のご案内

ローン・クレジットでのお支払いが可能!

対応エリア

  • 平安メモリアルは、関東全域(東京・神奈川県・千葉県・埼玉県)でご対応可能です。
  • 各地域別の見積り例はこちら
  • 平安メモリアルでは、東京・神奈川・千葉・埼玉でお客様のご要望に沿ったご葬儀を承っております。
    ・ご葬儀の費用
    ・ご葬儀の規模
    ・ご葬儀の場所
    ・ご葬儀の宗旨、宗派 など
    お客様のご希望通りのご葬儀を執り行うことをお約束いたします。
    ご葬儀についての不安・ご不明な点などがございましたら、お気軽に平安メモリアルの無料相談窓口をご利用ください。
    0120-24-4000

資料請求・お問い合わせ

いまさら聞けない お葬式のマナー

いまさら聞けない	お葬式のマナー

平安メモリアルトップページ お葬式のマナー 葬儀参列時の作法・マナー 香典辞退の葬儀(一般葬・家族葬)に参列する場合のマナー

いまさら聞けないお葬式のマナー

葬儀参列時の作法・マナー

葬儀参列時の作法・マナー

Vol.4香典辞退の葬儀(一般葬・家族葬)に参列する場合のマナー

本記事では「通夜見舞いとは」の説明から、地域による特徴・風習についてご案内いたします。
通夜見舞いを「物品など持っていくべきか」又は「現金とすべきか」などで悩まれる際には参考にしてください。

葬儀の種類別 注意点

一般葬の場合

一般葬の場合は、上記の通り訃報に明記してあるのに加え、受付などに辞退の旨をしらせる注意書きがあることが多いです。
喪家が香典辞退をとしている場合は、その通り出さないようにしましょう。
香典を出すのが喪家のためと思っても、かえって喪家の負担を大きくしてしまう場合があります。また、一人出してしまっては、辞退ということで香典を持ってこなかった他の参列者が混乱してしまいます。

家族葬の場合

家族葬の場合は、参列も辞退されている場合があります。
訃報に「なお、家族葬にて執り行うため、参列・香典・供花・供物は辞退いたします」と書かれているでしょう。

その場合、香典はもちろんのこと、参列もNGです。
後日、喪家の都合を伺った上で、菓子折りや線香などのお供えを持っていくのが良いでしょう。

親戚、もしくはごく親しい関係で参列を許可されている場合、原則香典は持っていきます。
ただし、それらを辞退している場合もありますので、その場合は一般葬と同じように香典は出しません。繰り返しになりますが、一人が出してしまっては、周りが混乱してしまいます。辞退の旨を聞いたら、香典は出さないものと考えましょう。

密葬の場合

密葬の場合は、後から告別式が行われますので、そのときに香典辞退かどうか確認します。密葬自体は家族以外の参列はできませんので、連絡が来るまでは待ちましょう。

香典辞退の理由

そもそも、何故香典辞退をするのでしょうか。
香典をいただくと、四十九日の法要が終わったころに、そのお返しを送ります。
一般的にはいただいた金額の半分あるいは三分一をお返しします。参列者の数が少ない場合は手間もさほどかかりませんが、百人を超える参列者がいた場合、その金額を一人一人確認し、住所や電話番号をまとめ、品物を選ばねばなりません。

最近では「即返し」といって、香典をいただいたその日に決まったものを返す方法を見かけるようになりました。しかしそれでも一定の金額以上をいただいたかたには後日追加して香典返しをしなければいけません。

香典を出さない人がいた場合

通夜や告別式に参列した際、ご自身の前に記帳される方が香典を包んできていないケースもあるでしょう。
これは、通夜・告別式の両日に参列される場合には一方では香典を出さないことが一般的であるためです。

どちらにも参列する場合、どのタイミングで出すかですが、首都圏では一般的には通夜のときに出します。というのも、首都圏では仕事などの関係で、通夜に参列をする方が多数のため、両方に参列をする場合でも通夜のときに出すのが一般的です。
そのほかの地方では、その地域の風習に合わせるのが一番ですが、一般的には告別式のときに出します。

慌てない為にも、訃報や受付周りの注意書きをしっかりと確認すると良いでしょう。