資料請求・お問い合わせ

  • ご安置施設併設
  • 消費税率変更のご案内
  • お急ぎの方はこちら
  • 事前のご相談はこちら
葬儀について
オプション
お布施の目安
埋葬費
ご存知ですか?
ご葬儀の後に
すること
  • 永代供養墓のご紹介
  • 長距離搬送費用のご案内
  • 生活保護葬について
  • 大型葬儀・社葬 承ります
  • 仏壇購入割引のご紹介、墓地・霊園のご紹介
  • お葬式のマナー
  • お客様の喜びの声
  • よくあるご質問
  • 求人のご案内

ローン・クレジットでのお支払いが可能!

対応エリア

  • 平安メモリアルは、関東全域(東京・神奈川県・千葉県・埼玉県)でご対応可能です。
  • 各地域別の見積り例はこちら
  • 平安メモリアルでは、東京・神奈川・千葉・埼玉でお客様のご要望に沿ったご葬儀を承っております。
    ・ご葬儀の費用
    ・ご葬儀の規模
    ・ご葬儀の場所
    ・ご葬儀の宗旨、宗派 など
    お客様のご希望通りのご葬儀を執り行うことをお約束いたします。
    ご葬儀についての不安・ご不明な点などがございましたら、お気軽に平安メモリアルの無料相談窓口をご利用ください。
    0120-24-4000

資料請求・お問い合わせ

いまさら聞けない お葬式のマナー

いまさら聞けない	お葬式のマナー

平安メモリアルトップページ お葬式のマナー 葬儀参列時の身だしなみ 通夜・葬式にネイルはマナー違反?急な訃報でサロンに行けないときの対処法

いまさら聞けないお葬式のマナー

葬儀参列時の身だしなみ

葬儀参列時の身だしなみ

Vol.5通夜・葬式にネイルはマナー違反?急な訃報でサロンに行けないときの対処法

葬儀参列の際には、ネイルを落としておきましょう

葬儀の際、華やかなネイルは不釣合いと言われています。マナー違反にならないよう、葬儀当日でもできる対処法をご案内します。

急な訃報の際、お通夜・お葬式に備えて礼服や香典など、準備しなければならないものがたくさんあります。
それら諸々の準備に追われてついつい忘れがちになるのが、女性の方のネイルです。
普段着を着用しているときは自然に見えるため、葬儀当日、礼服を着用して初めてネイルを落としてないことに気が付いたという方も多いようです。

ネイルはメイクやアクセサリー同様、女性のオシャレのひとつとして広く一般的になっていますが、やはりお通夜・お葬式などの慎ましやかな場に、華やかなネイルは不釣合いです。
礼服を着用したときに違和感のない程度の控え目な装飾であればマナー違反とまでは判断されない場合もありますが、色や装飾の度合いによる明確な判断基準(この色ならオッケー、この装飾はタブーなど)はありませんので、ネイルをしている方は葬儀までに落としておくのがいいでしょう。

葬儀当日でもできる対処法

ネイルの中にはマニキュアのように簡単に落とすことのできない「ジェルネイル」や「スカルプチュアネイル」などもあります。

急な訃報でサロンに行くことができなかった、葬儀当日にまでネイルが派手なことに気が付かなかったなど、ネイルを落としたいけど落とせないという方は以下のような対処法が考えられます。

・市販のネイル落としを使用する

・レースの黒い手袋を着用する

・上から目立たない色のマニキュアを塗る

しかしながら上記の対処法は、あくまで葬儀までにネイルを落とせなかった際の応急処置的なものなので、それぞれ気を付けなければならない注意点があります。
以下、対処法のポイントと注意点をまとめていますのでご参考ください。

市販のネイル落としを使用する

ジェルネイルを落とすために必要なもの

  • 「ジェルリムーバー」(アセトンが主成分の液体)
  • 「ネイルファイル」(ネイルを削るためのやすり)
  • 「アルミホイル」
  • 「コットン」

※「ジェムリムーバー」はドラッグストア等で購入することができます。

ジェルネイルを落とす方法

1.ファイルでジェルを削る。
自分の爪を傷つけない程度に(ジェルの厚さが1割から2割程度になるまで)ネイルの表面をやすりで削ります。

2.ジェムリムーバーを染み込ませたコットンを爪に乗せ、上からアルミホイルで巻く。
このとき、ジェムリムーバーがネイルによく染み込むようにコットンを十分に浸し、アルミホイルは指にフィットするように少しきつめに巻きましょう。

3.10分から20分温める。
指先を温めることによって、より早くジェルを剥がすことができます。

4.ジェルを剥がす。

10~20分するとジェルが浮き上がり剥がしやすい状態になりますので、ゆっくり剥がしましょう。剥がれ残った部分は綿棒などを使うと綺麗に取ることができます。

※気をつけること

ファイルで爪を削る際に強くやり過ぎると、自爪を傷つける恐れがあります。
また、ジェルネイルを完全に落とし切るまでには30分から1時間以上の時間がかかります。
十分な時間が取れない場合は、別の対処法を選ぶようにしましょう。

レースの黒い手袋を着用する

レースの黒い手袋は葬儀用として市販されているため、マナー違反にはあたりません。
スーツ販売店などで購入することができ、手軽にネイルを隠すことができます。

※気をつけること

お焼香やお食事のときなど、手袋を外さなければならない場面が考えられます。
あらかじめ手袋を外さなければならない場面を想定しておき、あまりにも派手なネイルの場合は別の対処法を選ぶようにしましょう。

上から目立たない色のマニキュアを塗る。

ジェルネイルが除光液では取れないという性質を利用して、上から目立たない色のマニキュアを塗ることでネイルを隠すことができます。
葬儀後に除光液でマニキュアを落とすことで、その後もジェルネイルを綺麗に保つことができます。

※気をつけること

ベージュや薄ピンクなど自然な色のマニキュアは多数市販されていますが、完全に自然な仕上がりになることはありません。
艶があるものは礼服にも映えてしまいますので、なるべく艶のないものを選びましょう。

また、立体感のあるデコレーションは、色を上乗せしただけでは隠せませんので注意しましょう。

以上が葬儀当日でもできる対処法ですが、故人を気持ちよく送り出すためにも、服装マナーだけでなく、ネイルにも十分気を配りましょう。