資料請求・お問い合わせ

  • ご安置施設併設
  • 消費税率変更のご案内
  • お急ぎの方はこちら
  • 事前のご相談はこちら
葬儀について
オプション
お布施の目安
埋葬費
ご存知ですか?
ご葬儀の後に
すること
  • 永代供養墓のご紹介
  • 長距離搬送費用のご案内
  • 生活保護葬について
  • 大型葬儀・社葬 承ります
  • 仏壇購入割引のご紹介、墓地・霊園のご紹介
  • お葬式のマナー
  • お客様の喜びの声
  • よくあるご質問
  • 求人のご案内

ローン・クレジットでのお支払いが可能!

対応エリア

  • 平安メモリアルは、関東全域(東京・神奈川県・千葉県・埼玉県)でご対応可能です。
  • 各地域別の見積り例はこちら
  • 平安メモリアルでは、東京・神奈川・千葉・埼玉でお客様のご要望に沿ったご葬儀を承っております。
    ・ご葬儀の費用
    ・ご葬儀の規模
    ・ご葬儀の場所
    ・ご葬儀の宗旨、宗派 など
    お客様のご希望通りのご葬儀を執り行うことをお約束いたします。
    ご葬儀についての不安・ご不明な点などがございましたら、お気軽に平安メモリアルの無料相談窓口をご利用ください。
    0120-24-4000

資料請求・お問い合わせ

いまさら聞けない お葬式のマナー

いまさら聞けない	お葬式のマナー

平安メモリアルトップページ お葬式のマナー 葬儀参列時の身だしなみ 通夜での子供の服装。乳幼児・園児~小中高生の場合

いまさら聞けないお葬式のマナー

葬儀参列時の身だしなみ

葬儀参列時の身だしなみ

Vol.1通夜での子供の服装。乳幼児・園児~小中高生の場合

身内に不幸があった場合に困るのが子供の服装ではないでしょうか。
失礼のない服装とはどのようなものがあるかを、年代別に見ていきましょう。

通夜での子供の服装は?

子供が0歳~就学前までの場合

赤ちゃん

赤ちゃんや小さな子供に喪服や黒服がないことは普通ですので、わざわざ購入する必要はありません。
ただ、赤色や濃いピンク色などはなるべく避け、白っぽいもので汚れていない清潔なおくるみや衣類を選びましょう。
大人と同様に、帽子やヘアアクセサリーは控えましょう。
ただ、夏場であっても、「肌着と紙オムツのみ」というようなことのないようにしてください。

制服がある場合

保育所や幼稚園の制服がある場合は、それを着せます。
幼稚園によってはベレー帽などの帽子が制服に指定されている場合もありますが、帽子は必要ありません。

私服しかない場合

故人とのお別れの場にふさわしい服装を親が配慮している、ということが伝わるような服装であれば良いでしょう。

具体的には、七五三の時のスーツやワンピースがあればそれを着せます。
黒や紺色、グレーなどのブレザーやジャケットがあれば良いのですが、カーディガンやベストでも良いでしょう。
なくても、白無地のシャツやブラウス、ポロシャツなどに、暗めの色のスカートやパンツをはかせるなど、なるべくフォーマルな印象を与えるよう服装に気を使いましょう。

トレーナーやパーカー、カーゴパンツといったカジュアルな服装しかない場合は、フリース素材やナイロン製のものは避けて、キャラクターやプリント、豹柄、華美な装飾などが付いていないできるだけ地味なものを選びましょう。

首まわりが伸びているものや毛玉だらけのもの、食べこぼしのシミや袖口の汚れが落ち切れていない衣類などは避けます。
ファッションとして素敵なダメージ加工であっても、参列の場ではNGです。

靴について

黒の革靴があればベストです。
ただし、ないからと言ってわざわざ購入する必要はありません。
普段履いているスニーカーでも良いですが、泥などの汚れはブラシで落としていきましょう。
小さいお子さんの場合も、夏場であっても素足にサンダルはいけません。
必ず靴下を履かせてください。
歩くたびにピカピカ光るもの、音の鳴るものなどは絶対に履かせていかないようにしましょう。

子供が小学校~高校卒業までの場合

制服がある場合

未就学児の場合と同様、制服がある場合は制服を着せましょう。
カッターシャツやブラウスは汚れていない清潔な洗ったものを着用し、普段は着ていなくても、必ずインナーに白無地かベージュなどのシャツやタンクトップ、キャミソールなどを着用するようにしてください。

私服しかない場合

黒・紺・グレーなどのブレザーまたはジャケット(カーディガンやベストも可)
なければ白無地シャツやブラウス、ポロシャツのみでも構いませんが、必ずインナーに白無地かベージュなどのシャツやタンクトップ、キャミソールなどを着用するようにしてください。
黒・紺・グレーなどの暗めの色のパンツやスカートを着用します。
できるだけフォーマルな印象を与えるような服装組み合わせを心がけましょう。
私服の場合の基本は黒と白のモノトーンでまとめます。
黒の方が多くなるように配色することができればベストです。

子供さんの好みの洋服などもあると思いますが、親がきちんと「おしゃれを披露する場面ではない」ということを悟すことも大切です。
もちろん、ダメージ加工のジーンズやカーゴパンツ、ファッション性の強い七分丈やハーフパンツ、色柄もののパンツやスカートなども場違いです。
チェーンやビジューなどの華美な装飾の付いていない、地味で清楚な服装になるよう選びましょう。

アクセサリー

派手な時計やアクセサリーなども必要ありません。すべて外していきましょう。
ヘアピンやゴムなども装飾の付いていない黒色のシンプルなものを選び、髪が長い女児は束ねておきましょう。

靴について

黒の革靴がベストです。
学校指定の靴がある場合は、そちらを履かせましょう。
なければ普段履きのスニーカーでも仕方ありませんが、汚れのひどいシューズはNGです。汚れを拭き取るなど、配慮しましょう。
靴下も派手な色柄ものは避け、黒や白などの無地かせいぜい小さいワンポイントのものを選びましょう。
白無地の靴下の場合は踵などが黒ずんでいないか要チェックです!

子供だから許される?

親族だけの葬儀であれば、子供さんにアニメキャラクターの大きく付いた赤色のトレーナーを着せて参列したとしても、許されるかもしれません。
しかし、他の参列者がいる場合、子供であっても弔問客を迎える側の立場の一員です。
子供に自覚がなくても当たり前ですが、要は親の姿勢を見られていると自覚し、「故人を偲んでわざわざ足を運んでくださった弔問客」あるいは「遺族の心情を慮って(おもんばかって)駆けつけてくださった弔問客」に対して、 失礼にあたらない身だしなみでお迎えしたいものです。
また、子供さんの年齢に合わせた形でマナーやエチケットといった「相手の立場を思いやる行為」というものを
きちんと教える数少ないチャンスでもあるのです。